2007年08月22日

きれいサッパリと水に流れて、新天地

引っ越しはものを捨てる絶好のチャンスだ。捨てる(譲る、売る)のか、あるいは新居に持っていくのか。引っ越し通の人に聞くと、選別のコツは「useful」と「beautiful」の2つしかないという。つまり、1)いずれ必ず使う(役に立つ)、2)美を感じる、の2つを選別基準にし、適合しないものはすべておさらばにするということだ。

所持品が多くなってくると、選別作業の時間もかかる。そんなときに、親しい友人に「3秒ルール」の審判を依頼するという手もある。例えば1000冊の本があるとして、友人に連続的に本を抜き取ってもらい、あなたの目の前に差し出して「要る?要らない?」と質問する。回答の制限時間は3秒以内。3秒×1000冊≒1時間で選別が終わる。あぁ、捨てなければよかったという本は後になって2〜3冊出てくるが、実にきれいさっぱりと本棚のゴミが消滅する。

その昔、この作業を実際に友人に頼んだことがあるが、途中で私の方が泣き出してしまった。1つ前の引っ越しで段ボールに詰めて以来、1度も取り出されなかった本が何百冊もあったりする。そういう本の一群のほとんどは捨てられるハメになるのだが、結局、開かれることのない本を一生懸命パッキングして保管していた自分は何だったのだろう・・・と悲しくなったのだ。捨てられる本の中には、1万円近い値段が付くものもあり、散財してしまった自分の愚かさが悔やまれたりする。

「捨てる」「取り替える」ときにかなりの覚悟がいるものの代表格は、家、仕事、配偶者であろうか。@値の張るもの、A長年付き合ったもの、B多くの関係が絡んでいるものを捨てるときには、ためらいが生じる。

大掛かりなシガラミものの場合、たいていの人は「代わりが見つかってから、今のものを捨てよう」と考える。リスク管理を大切にする人もそうするだろう。新しい仕事が見つかってから、今の仕事をやめる。新しい家を決めてから、今の家を解約・売却する。新しいダンナ候補を見つけてから、今のダンナを捨てる・・・・(これはどうかな?)

だが、先にきれいサッパリにしておかないと、新しいものが入ってこないときもある。数段のレベルアップや大転身、大冒険をするときには、新しいものの見方、新しい人間関係、新しい情報、新しい生活パターンが要る。「捨ててこそ新しいものが入ってくる」「新しいワインは新しい皮袋に」と言われるゆえんであろうか。

■つぶやき:
数日前に引っ越しが完了。今回は旧居解約の後の新居探しとなり、引き払いのわずか10日前に新居が決まった。最近のイギリスは洪水が多いので、高台に新天地を求めた。写真は7月にわが家のわずか5軒先以降を直撃した洪水の模様だ。1時間余りの集中豪雨だったが、雨がやんだ後の鉄砲水がすさまじく、山の麓にある家並みは床上30〜70cmぐらいの浸水となった。旧居に被害はなかったが、私たちと入れ代わりで、洪水の被害者が入居するという。

posted by ヒロさん at 05:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | イギリス見聞録

2007年08月03日

時代の精神「ZeitGeist」と共に目覚めよ!

夏休みの観賞用に2時間ものの良質ビデオ(英語)を紹介したい。

「ZeitGeist」という作品で、ドイツ語で「時代の精神」を意味する。@キリスト教・ユダヤ教という神話、A911の欺瞞、B国際金融資本の策謀、の3部構成となっている。この3つの洗脳から目覚め、新しい革命の時代を切り拓いていこうと呼びかけている。



■第1部(9分〜37分)

イエス・キリストやモーゼという「作られた神話」について検証する。処女懐妊、12人の弟子、3日後の復活、冬至神話(クリスマス)、十字架の意味、エジプト神話からの影響などについて、ハイテンポで解説する。

キリスト教、神話学、占星術の知識が必要だが、拙ブログのエントリでは、
などが役に立つかもしれない。

■第2部(37分〜1時間11分)

特に新しい情報はないが、911テロの総集編として眺めてほしい。デヴィッド・レイ・グリフィン、マイケル・ルパート、スティーブン・ジョーンズ、ウェブスター・タープリーなどが登場する。2005年7月7日のロンドン自作自演テロも含まれている。

拙ブログでは、カテゴリー:911真相究明をご参考に。

■第3部(1時間11分〜)

国際金融資本がアメリカをいかにして乗っ取ったのか、その歴史を解説する。連邦準備制度(FRB)の欺瞞、憲法違反の所得税、1920年代から使われる「信用取引」という詐術など。1時間25分以降からは、戦争とメディア操作による金融資本の肥大化を明らかにする。『America: Freedom to Fascism』を製作した映画監督アーロン・ルッソとニコラス・ロックフェラーとの会話や、秘密裏に進められる北米連邦もカバーしている。

いろいろなビデオの寄せ集めではあるが、神話・宗教、911テロ、国際金融財閥などについてコンパクトにまとめた2時間のセミナーとして鑑賞していただきたい。この映画のオフィシャル・サイトはこちら。

■関連サイト:
キリスト教のタブー:「ミトラ教と神智学」
エジプト神話ホルスの解釈に関して、カソリック神学者が反論
「ZeitGeist」にも収録されている毒舌コメディアン、George Carlin
RonPaul TV:「クリスチャンと大統領候補ロン・ポール」

posted by ヒロさん at 06:29 | Comment(15) | TrackBack(2) | 国際政治/謀略