2013年06月26日

アントニオ・ヴィヴァルディの出会いから30年

ピアノソロ用にヴィヴァルディで何かいい曲がないものか、とあれこれ探していたが、なかなか見つからない。

アントニオ・ヴィヴァルディとの出会いは大学3年目の秋と記憶している。中南米のスペイン語の歌が聴きたくて、東京の下宿先でステレオのレコードプレイヤを思い切って購入した時期だった。レコード屋さんであれこれと物色しているときに、なぜかヴィヴァルディの弦楽曲のLPも衝動的に買ってしまった。自ら進んでクラシックのレコードを聞くのは、中学生のときに「くるみ割り人形」を聴いて以来のことだ。

当時、スペイン語と英語の勉強に没頭していたが、(今思えば)相当に偏った食事をし、運動はいっさいせず、睡眠の昼夜が逆転してばかりいた私は、頭の中にただただコトバばかりがめぐって、情緒も不安定なときだった。そんなときに聴いたヴィヴァルディは「天啓」というにふさわしいものだった。夜遅くにこのレコードをかけると、頭にかぶさっていた雲がサッーと払われて、ほんとうに天に昇るような気分になった。

音楽でこんな経験をしたことは、いままで一度もなかった。いったい何だろう、と考えた。それまでの人生で聴いてきた曲は、歌謡曲が圧倒的に多い(岩崎宏美とか、郷ひろみとか、そんなやつ)。クラシックでもシューベルトの歌が好き。中南米フォルクローレに傾倒したため、スペイン語の曲が多い。チャランゴやケーナ、パンフルートの器楽曲も好きだったが、どれも人の声のような響きがある。

一方、目の前に拓けた新しい世界は、人の声が聞こえない世界。幾何学模様のような整然とした構成。バイオリンの高い周波数の音色。

これをきっかけに、音楽療法について少し調べ始めた。しばらくすると、ヴィヴァルディのマンドリン曲が使われている「スーパーラーニング」という語学教材にも出会った。バロック音楽は精神安定とリラックスにはとてもよいらしい。さらに、学園祭でバロック室内楽のクラブの発表会があり、行ってみると、リコーダーの名人がソプラノでヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲(RV356)イ短調の第一楽章を吹いているではないか!

結局、遅まきながら、このクラブに大学4年目から入部し、リコーダー演奏に励むことになった。部室にあふれていた楽譜には、ヘンデル、テレマン、バッハが多かったので、わたしもセッセとその世界に馴染むことになった...

... という30年以上前のむかし話でございます。

さて、この1カ月、YouTubeでヴィヴァルディを聴きまくってみたが、知らない曲に次から次へと出会う。「ストラヴァガンザ」というバイオリン協奏曲。オーボエ協奏曲。バスーン協奏曲。リコーダー協奏曲。やたらと協奏曲が多いと思いきや、協奏曲を500以上も作曲している。彼はバイオリンの一流の演奏家でもあり、弦楽に相当のこだわりを見せている。一方、鍵盤曲はあまり充実しておらず、チェンバロ協奏曲がわずかにある程度だ。

ヴィヴァルディのピアノ曲を探そうと思っても、なかなか見つからないわけだ。

だが、同時代のバッハがヴィヴァルディの楽譜を入手し、協奏曲集「調和の霊感(L'estro Armonico)」のうち、数曲をチェンバロとオルガン用に編曲している。この中で一番好きなのは、第10番(4本のバイオリン)を4台のチェンバロ用に編曲したBWV1065。この曲の第1楽章をピアノソロ用に編曲した楽譜が見つかったので、レパートリーにすることに決定!

わたしのヨハン(バッハ)とアントニオ(ヴィヴァルディ)に感謝の気持ちをこめて、練習開始です!

■つぶやき
ヴィヴァルディは同じような曲想ばかりで飽きるという人もいるが、山ほど聴いた上で、自分の好みの曲の好みの楽章ばかりを寄せ集めて、ヴィヴァルディのBGMをつくる。喫茶店の音楽はモーツァルトの方がいいという人も多いけれど、私は静かなヴィヴァルディがさりげなく流れていればサイコー。ヴィヴァルディはヘビーメタルロックの元祖だ、とつぶやいている人もいるが、チェロやチェンバロの通奏低音をばしばしと弾く協奏曲では、確かにちょっとしたヘビメタ気分にもなれる。

■私のお薦めのヴィヴァルディ
★リコーダー協奏曲ハ短調 RV441
★調和の霊感9番 RV230→BWV972

★オーボエ協奏曲ニ短調 RV454
★ストラヴァガンザ協奏曲ホ短調 RV279


posted by ヒロさん at 13:07 | Comment(8) | TrackBack(0) | ピアノが好きなの♪

2013年06月03日

北欧で人気のリンディホップ!

最近の私はリンディホップ(Lindy Hop)に夢中になっている。1930年代に流行した男女ペアのダンスで、派手なブッ飛び回しや空中技があることから、1927年に大西洋横断飛行に成功したリンドバーグにちなんで「リンディ」と名付けられている。

このダンスは80年代にリバイバルし、ニューヨーク、ロンドン、ストックホルムでヒットする。このときに基本技で参考にされたのが、1941年の映画「Hellzapoppin」。日本では太平洋戦争の空中戦が忙しくなる時代なので、スカートの中まで風通しのよくなる、このような不謹慎な空中ダンスの映画は公開されていない。

現在、このダンスの世界的なメッカは、スウェーデンのハレング(Harrange)で、毎年ダンスフェスティバルが開催されている。欧州でリンディホップの世界選手権が開かれると、上位はスウェーデンとノルウェーばかりだ。

このダンスはビデオを見ているだけ、ウエストが少し細くなるような気分になる(錯覚!)。私の楽しみ方は、夜中にこの手のビデオを見ながら、少々ステップを踏んで、手足をあれこれと動かすエアロビクスのまねごとをすること。真夜中のダンスのお供は、BlueToothの無線ヘッドホンかな。

■おまけ
この時代のダンス音楽でビートジョギングに使えるのは、例えば以下の音楽。
Chick Webb - Stompin' at the Savoy (♪=86)
Glenn Miller - Rug Cutter's Swing (♪=82)


posted by ヒロさん at 15:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 四肢は百獣の王