2011年01月18日

タオル肩回しで、肩甲骨の周りをホカホカにほぐす

10日ほど前に肩凝りの症状が悪化し、精神的にも肉体的もつらい状態になりかけた。日本語の「肩凝り」の指し示す範囲はとても広く、示す症状は実に多様だ。現在の私の課題ポイントは左肩胛骨の内側になっており、ここにベッタリと重苦しいものが張りつくと、徐々に体全体の元気を奪っていく。

昨年は34年間の肩凝りと決別するためのストーリー で肩凝りに訣別宣言を行った。そのときに実践していた処方箋は、

  • 枕を変えて、寝違いを起こさないようにする
  • ネックウォーマーを常用し、首回りを常に暖める
  • 肩の局所運動よりも、ジョギングなど全身運動をする
  • ときどき姿勢矯正ベルトを着用する

    などだった。

    最近は明け方の気温がマイナス2〜4度になることもあり、寝冷えを起こしたのかもしれない。また、ジョギングが肩にいいとわかりつつも、毎日のペースを維持できないことに加え、ジョギングの肩振りでは肩甲骨の内側まで刺激が届かない。

    この症状に対する正解は、タオル肩回しだった。鎖骨や肩甲骨の周辺がガチガチになってしまった人は普通のタオルでは短すぎるので、薄手のバスタオルや長い手ぬぐいを用意するとよい。

    右の図版は『寝たきりにならないシニアの基本ストレッチ』(p69)からお借りしたもの。数日前の私はタオルの幅を90cmぐらいにしないと、イタタぁの状態だったが、今は幅がどんどん短くなっている。リズムのいい音楽に合わせて50〜100回程度を1日に数回やると、肩甲骨の内側がいつもポカポカと温かい。これにクスワットを組み合わせたり、タオルを持ちながら体側を伸ばす運動を組み合わせたりしている。

    人生、ちょっとしたコツでよくなる知恵はいくらでもある。外から熱を加えて温めたり、マッサージを施したり、漢方薬を飲んだりすることは、どうしてもつらいときには必要かもしれないが、根本的な解決にはならない。自力かつお気軽な方法で、1)筋肉が柔らかくなり、2)血行がよくなり、3)ポカポカと温かくなる方法を末永く実践することが大切ですね。

    今年は柔らかい肩甲骨になりたいなぁ(2分)

  • posted by ヒロさん at 14:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 四肢は百獣の王
    この記事へのコメント
    TITLE: 肩甲骨体操って素敵
    ひろさま
    同じ肩甲骨の痛みに数週間悩まされていて、ビデオ楽しく拝見しました。ありがとうございます。この運動は、お風呂の中でもよさそうですね。あまりの痛みに、鍼灸へすぐ行ってしまう私ですが、運動が足りないよ、ってことですね。北風ぴゅーぴゅー粉雪さくさくの日々ですが、ほっかいろして、しっかり運動します。今年の目標に、贅肉を筋肉へ、というのも追加しました。
    Posted by ラッキー at 2011年01月19日 19:22
    TITLE: 肩のこらない人生を
    ラッキーさま
    40〜50才を過ぎると、みなさんもの凄い肩凝りで苦しんでいます。私の兄も、ピアノの先生も苦しんでいます。歩く量が減っているのはもちろんのこと、肩を大きく動かすことも日常でほとんどありません。食器洗い、パソコン、ピアノなど「手」と「腕」ばかりです。肩と肩甲骨をシステマチックに動かすことが大事だと痛感しました。タオル肩回しは、15才から苦しんでいる私が「これはすごく効く」と叫ぶことのできる、とてもいい運動ですよ。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2011年01月19日 22:28
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250596408

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。