2010年12月13日

「自律訓練法」は一生の財産となる

自律訓練法(autogenic training)のプロセスは実にシンプルだ。

  • 0) 気持ちがとても落ち着いている。
  • 1) 手足が重い。
  • 2) 手足が温かい。
  • 3) 心臓が静かに打っている。
  • 4) 呼吸が楽になっている。
  • 5) お腹が温かい。
  • 6) 額が涼しい。

  • ただ「落ち着いている」と思い込む。そして、手足を温かく感じ、鼓動と呼吸を意識し、内蔵を感じ、額をクールにする。こんな単純なことが疲労回復、ストレス緩和、あがり症の克服につながるという。

    私は数年前に冷え性の改善から実践が始まった。運動不足に加え、座ったまま仕事が多かったせいであろうか、ある時期から真夏でも足が冷えるようになった。それも右脚のみが冷えるので、不可解かつ不愉快だった。

    そこで「右脚が温かい」と想い念じることになるのだが、いままさに冷えているという現実の中で、意識の力だけでこれを逆転させるのは並大抵ではない。そこで、お風呂に入ったときに、ほら、右脚が温かい、まあなんて、こんなにすご〜く温かいと、ことさら想うようにしたら、数日後に冷え性がいったん消滅した。

    このときのお風呂体験は私の一生涯の悟りになり、財産になったように思う。

    「痛い」ときに「気持ちがいいと思え!」なんて頑張っても、なかなかうまくいかない。だが「そこそこ気持ちいい」ときに「メチャメチャ気持ちいい」と思うと、次の「痛み」が軽減する、あるいは、うまく行けば消滅する。

    どんな冷え性の人でも、熱い風呂の中で冷えて冷えて困るとグチる人はいない。まさに脚が温かいと感じるときに、あえて、はっきりと、しっかりと、生き生きと、ありありと、もう天に昇る気持ちで、

    あぁ〜、温かいわ〜

    と感じる。大げさに感じる。無理やり感じる。これがとてもよく効くのである。

    なぜこれが、一生の悟りになったかというと、あらゆる方面で人生がうまく行くコツも、こういうことなんだな、と感じたからだ。

    人生苦労に思えることでも、どこか1つ楽しいことを見つけて「捨てたモンじゃないな」「これも悪くないじゃん」と思いながら続けていると、状況が改善していく。そして実際に楽しい場面がやってきたら、増幅させて「メチャメチャ楽しい」とおおいに舞い上がってしまう。不思議なことに、強く「楽しいなぁ」という気持ちを発振していると、さらに楽しいことがやってくる。

    何か問題や不愉快なことが起こったときでも、それをやっつけよう、退治しよう、撲滅しよう、と頑張らない。問題の対象となっている人や事柄について、まんざら悪くもないか、いいとこもあるよねと感じつつ、他に楽しいことがあれば、そちらに意識を移す。

    これが現状改善の秘訣じゃないかしら?

    さて、話を自律訓練法に戻すと、この夏からしっかりと訓練してみて、最大の収穫は就寝後、すとーんと、すぐに眠れるようになったこと。

    布団に入ったら、布団って温かいなぁ、幸せだなぁ、と思う。次の瞬間に、目が安らぐ、アゴが安らぐ、肩が安らぐ、そして、その後は、手足が温かい・・・と自律訓練法の順序をたどっていく。最初の数日はしっかりたどれていたが、最近は、「アゴが安らぐ」「手足が温かい」と思った瞬間に、もう意識がなくなっている。

    入眠儀式をパターン化すると、よく眠れる。私は決まった入眠音楽も使っているので、CDのボタンを押すと「もう、寝るだけ」になる。さらに、前向きなコトバのアファメーションを加えたければ、

    あぁ、今日も最高の1日だった

    などがいいかもしれない。今日のことをあれこれ振り返ったり、明日をあれこれ思い煩ったりしていると、意識のポイントがコントロールできなくなるのでやめること。とりあえず「布団気持ちイイー、今日もサイコー」でよろしいのでは?



    posted by ヒロさん at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 眠り&くつろぎ
    この記事へのコメント
    TITLE: こんにちは
    私もこれを実践し、効果を感じました。去年、突発性難聴になって耳の不具合から自律神経がすっかり乱れてしまい、不眠やパニックなど、辛い思いをしました。なるべく薬に頼りたくなかったので、この自立訓練法を含め、認知行動療法のテクニックをいろいろ試し、ピンチから脱却できました。(耳も治りました)

    不安や恐怖を感じたときには、自分が一番リラックスできる場面を思い起こすことでカチッとスイッチが切り替わったようになり、体の不快な症状が消えて行きます。想像力を利用して脳や体のコンディションを変えることができると気づいたことは一生の財産になった気がします。
    Posted by ビアンカ at 2011年01月27日 18:18
    TITLE: グーテン・ターク!
    ドイツのビアンカさん? お久しぶりです。突発性難聴ですか、それはつらい思いをされましたね。想像力と意識のコントロールで人生は大きく変わっていくのに、こんな基本的なことも学校で教わりませんものね。ビアンカさんのモンテッソリーとピアノ修行はその後、どうされているのかなと、ときどき想っています。気が向かれたときに、いつでもコメントやメールをくださいね。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2011年01月28日 10:21
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。