2009年09月26日

オーディオブックとBBC Podcastで深まりゆく、耳読書の秋

私の担当する高3クラスの生徒のひとりが7月にTOEICを受けたが、8月に戻ってきた結果通知は驚異的なものだった。

935点!!

私が十数年前に取った点数が940点なので、かろうじて5点差で教師の体面を保っているが、この子はなぜこんなに英語ができるのだろうか。小学5年のときに1年間アメリカの学校に通った実績はあるが、帰国子女の経歴としてはかわいいものだ。両親は日本人で、日本でインターナショナルスクールや英語塾に通ったこともない。

本人に「どうやって英語をキープアップしたの?」と尋ねたところ、次のような答えが返ってきた。

オーディオブックを聴いていました。

つまり、たった1年の海外体験が起爆剤となり、帰国後にさまざまな英語のオーディオブック(CD)を毎日のように聴くようになる。骨が成長するときに取り組んだものは、驚異的なスピードでマスターできると言われているが、この生徒の場合は、耳の骨が成長するときに、英語の音が耳にグングンと染みこみ、焼きついたかのようだ。

児童文学の英語は、場合によっては大学入試の英語より難易度が高い。「チャーリーとチョコレート工場」、「ハリー・ポッター」、「赤毛のアン」、「不思議の国のアリス」、「若草物語」などを英語で挑戦した人は心当たりがあるだろう。

さまざまな物語をまず耳から吸収し、次に英語と日本語の両方で書籍を読み、何度も読むうちに語彙もほとんどすべてマスターする。映画化されているものはDVDも鑑賞する、という具合に楽しみは加速する。



留学を考えている人は、まず「聞くこと」に比重をかけるべきだ。オーディオ素材は本とCDをセットで揃える手もあるが、とにかくMP3プレーヤーで聞くことに照準を合わせたい人は、「Digital Audiobook」からダウンロードするとよい。月1冊のダウンロードの場合、素材の長短を問わず、最初の3カ月は毎月約600円、4カ月目から約1200円だ。

時事ネタに関心のある人や、お金を一切かけたくないという人は、BBCのPodcastをお奨めしたい。240という膨大なメニューは圧巻で、ニュース、討論、インタビュー、ドキュメンタリー、サイエンス、音楽、芸能などのどこかに掘り出し物が見つかるはずだ。

ちなみに私のお気に入りは「Forum - A World of Ideas」「Documentaries」「Music Week」「Books and Authors」「Arts and Ideas」だ。

これらの素材をいつ、どこで聞くか。パソコンの前で聞いていても眠くなるし、あまり細切れの時間でも困る。

  • 買い物に出かける時間と、これに引き続く夕食の準備の時間。
  • 食後の片づけ、アイロン、お掃除のとき。
  • 通勤の時間、自転車に乗るとき。
  • 肩振りなど、運動の最中。

    1つ目の「買い物→炊事」はほぼ毎日発生し、30分〜1時間の枠が取れるので活用している。出かける前に家の中でMP3プレーヤーをスタートし、買い物と炊事の間もずっと聞き続ける。その昔、台所でCDプレーヤーを使ったこともあったが、水回り・鍋・フライパンの音などで聞き取りが難しい。イヤホンで聞くに限る。また、手足を動かしながら聞くとなぜか調子がよい。

    このような時間を上手に活用したおかげで、パソコンの中に眠っていた約50冊のオーディオブック(CD500枚)も、徐々に鑑賞が進んでいる。この夏は「Inkheart」、「Lisey's Story」、「Bel Canto」、「Chocolate Run」、「Learning to Swim」などが終了。迎える秋は「Hancock's Half Hour」、「Last Kingdom」、「Life Swap」、「Penny Dip」、「Pair of Silver Wings」、「Ship of Brides」などで“耳読書の秋”を楽しんでみたい。

  • posted by ヒロさん at 02:15 | Comment(9) | TrackBack(0) | Learning English
    この記事へのコメント
    TITLE: Suzanne's Diary for Nicholas
    James Pattersonのもので、彼はいつもはサスペンスを書いているのですが、これはラブ・ストーリーです。短いですが、今まで聞いたものの中ではもっともすばらしい。おすすめです。

    ちなみに、舞台はMartha's Vinyardです。
    Posted by buvery at 2009年09月26日 07:57
    TITLE: NET+MP3プレイヤっていいですね
    携帯に便利で省エネだし、メモリ価格もどんどん安くなって大容量でも低価格だし。
    今の若い世代は本当に恵まれてますね。私の小学生時代は、カセットが精一杯でしたがずいぶん高価でした。それでもわずかな学習でさえ耳が鍛えられていたようで、当時は中学教師から、中年以降も同僚の英国人から、耳だけは良いと褒めて貰えました。確かに子供の頃の記憶定着力は凄まじく、今でも教材の挿入歌を覚えています。
    それにしても高校生で900点台って本当にすごいですね。彼の努力の詳細はみえませんが、TOEICってビジネス知識は不要で脳の若さが有効ということでもあるのでしょうね。
    私は訛りの強いリスニングが苦手なので最近は英検に目が移ってますが、親戚の子供(小中生)で是非試してみたいと思います。
    Posted by 寝太郎 at 2009年09月26日 09:16
    TITLE: >Suzanne's Diary for Nicholas
    この小説はAmazon.comでは800のコメントがつく人気小説ですね。「The Bridges of Madison County」や「Message in a Bottle」と対比する人もいます。オーディオブックで4時間30分という短編。ご紹介ありがとうございます。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2009年09月26日 10:44
    TITLE: >NET+MP3プレイヤっていいですね
    ほんとうに便利な時代になりましたが、先に映像系にハマってしまうと耳が鍛えられない感じです。中1〜2年で「NHK基礎英語」を聞いていた子はそれなりに優秀ですね。ある程度長い時間“聞ける”というだけで、よき学習の習慣の第1歩ですから。

    でも、ラジオの前に座って聞く“まじめさ”だけだと、ちょっと心もとない。私は英語学習はテニスやピアノなどに例えておりますので、とにかくおもしろがって毎日にように続ければ、人の10倍・100倍できるようになるのは当たり前だ、と一部の生徒にけしかけています。が、高校生になってからオーディオブックにハマるのは、ちょっと難しいかも。

    ませた高校生にはTVドラマの「Friends」も悪くないかも、と最近思案中です。日本語の字幕で見る、英語の字幕で見る、字幕なしで見る、と3回見る方法です。
    http://blogs.dion.ne.jp/friends_english/archives/2154983.html
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2009年09月26日 11:16
    TITLE: テレビのシリーズ
    趣味の問題になると思いますが、私はFriendsは好きではありません。
    どうしても笑い声が後ろに入るドラマは引いてしまいます。

    私の好みなのは、
    Law and Order (特にSam Watersonのでているもの)
    Law and Order SVU (Special Victims Unit)
    Law and Order Trial by Jury (終了しています)
    Women's Murder Club (終了しています)
    Bones
    Monk
    CSI Las Vegas
    CSI Miami
    Real Time with Bill Maher

    です。

    最近のCSI Las Vegasや、CSI Miami、CSI New York、
    最近のLaw and Order Criminal Intent、Numbersなどは私の好みではありません。
    Corbert Reportや、Daily News with John Stewart、
    Saturday Night Liveなどは面白い時もあるのですが、
    毎回みるほどは面白くはないので、
    http://rawstory.com/rawreplay/でみることにしています。
    Posted by buvery at 2009年09月29日 23:02
    TITLE: 聴くもの
    児童文学が難しいというのは、おっしゃる通りです。
    こどもの本、特にnursery rhyme系のものも難しい。
    例えば、Amelia Bedeliaなど、これ、日本語でいえばだじゃれじゃないか、と
    思いますが、一年生の本が語彙の弱いところを突かれると苦しい本になります。

    同様に、古い本も難しい。赤毛のアンが難しいのも語彙の問題だと思います。
    内容が難しい訳ではありません。

    逆に優しいものは、newsのpodcastです。NPR(national public radio)など
    iTunesを探せば、げっぷの出るくらいありますが、あげておられたBBCの
    他に、(私はdocumentariesを時々聴いています)

    私が好きなのは、MSNBCの
    Rachael Maddows
    Keith Olbermann
    Chris Mathews
    などです。

    特に、Rachaelは日本のニュース番組に慣れた人だと衝撃的なのではないか
    と思います。日本では滝川クリステルや、安藤優子、最近とげの出てきた
    小宮悦子なのでしょうけれど(滝クリは好きです)、Rachaelは違います。
    まず、ばりばりのリベラル、しかもレズビアンを公言し、しかも知的。
    調査報道も行い、右派でも平気でスタジオに呼んでしまう。Pat Buchanan
    という、日本でいえば、片山虎之助風の容貌態度で言動を保守にしたような
    人とも仲良しです。ちなみに、Rachaelは時々ニホンねたをしていて、鳩山
    夫人が金星にいった話や、千葉法務大臣は死刑反対派なので、『死刑をし
    ている文明国はアメリカだけになっちゃうよ』など言ったりしていました。
    もちろん、中川(酒)大臣の泥酔会見もちゃんと放送して、『日本語でな
    にを言っているかさっぱり分からないけれど、どういう状態なのかははっき
    り分かる(笑)』というようなことを言っておりました。ちなみに彼女は
    カクテルが大好きです。

    こういうニュースだと、毎日話題が少しずつ変わるので、すぐ慣れますし、
    内容も面白いので、高校生などが勉強するのには向いているかもしれません。

    ちなみに、rawstoryでもRachaelなどの動画がみれます。
    また、iTunesで全部の動画/mp3を落とすことができるはずです。
    すべて無料です。
    Posted by buvery at 2009年09月30日 06:35
    TITLE: ネットダウンロードできる無数のTVドラマとラジオ番組
    buveryさん、いろいろとご紹介ありがとうございます。

    「Law and Order」や「CSI」を私も覗いてみましたが、犯罪・暴力がいっぱいでごちそうさま、という感じでした。「24」や「Heroes」も、私ダメなんですよ。「Veronica Mars」という高校生探偵ものもありますが、あれですら暴力過剰で拒絶反応。せいぜい「O.C.」ぐらいまででしょうか。ファミリー系やほのぼの系を追いかけると、「Friends」とか「Gilmore Girls」とか「Sex and the City」などに落ち着かざるを得ないところです。

    MSNBCやNPRも、少しづつ開拓してみたいと思います。Keith Olbermannの弾丸のような英語に耳が慣れたらすごいですね。私は30代にCNNやBBCのニュース翻訳を山ほどやったので、政治経済のニュース英語はもううんざりしているところが少々。今の高校生にこの手のニュース英語を与えるなんて、ちょっと想像がつきません。クラスの中で「Pentagon」や「attorney」の意味を知っているのは、せいぜい1人ぐらいしかおりませんので・・・。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2009年09月30日 20:41
    TITLE: ありがとうございます
    buveryさま、
     面白そうなリンクを教えて頂き感謝いたします。私も初期CSIが大好きです。
    トピ主さま、
     ERなんてのも暴力と犯罪だらけでNGでしょうか。医学用語が多用されてますが、現役医師のファンも多く、優秀な高校生には語学に限らずトリアージという考え方が刺激になると思います。
     報道では、電話の声が聞き取れないことが多く、政治的に偏向してるかも知れませんが、VOAのエンカウンターが好きです。キャロルさんの声のファンなんですけどね。
    Posted by 寝太郎 at 2009年10月02日 01:39
    TITLE: 犯罪・暴力
    ヒロさんはビバリーヒルズみたいなものがお好きなようですね。

    Law and Orderで面白いところは、犯罪と警察の話ではなくて、検事
    (特にSam Waterson演じるJack McCoyです)
    http://en.wikipedia.org/wiki/Jack_McCoy
    選挙で選ばれるDA=district attorney=検事がいて、その下にADA=
    assistant district attorneyがいます。警察が引っ張ってきた犯人
    を逮捕するのかしないのか、どういう風に起訴するのか(arraignment=
    罪状認否にいきなりなるのか、grand jury=大陪審で起訴するのか)
    どんな理屈をつけて陪審を説得するのか。そこのところが面白いのです。

    その間、弁護側も負けずに、motion to suppress=証拠を不採用にする
    動議の嵐で抵抗します。捜査令状に穴があれば、憲法修正4条による
    不法な拘束捜索を受けない権利を主張し、いかに犯人であろうと、証拠を
    裁判にもちこませないようにします。証拠が採用されなければ、陪審員は
    有罪とは評決しませんから、検事や警察は犯人と知っていても、無罪にな
    ることなどざらにあります。

    Jack McCoyは逆にできる限りの理屈を使って有罪に持ち込もうとします。
    そのせめぎ合いが(私にとっては特に彼の最終弁論が)面白いんです。
    といっても、レニー・ブリスコウ刑事(Jerry Orbach)の斜めなギャグも
    忘れがたい。設定では二回離婚しているやもめ男の老刑事なのですが、
    死体を目にして、いわなくてもいいことを一言ぼそっといったりするん
    です。彼、亡くなってたんですね。愛すべき人です。

    シリーズ上ではMcCoy検事はexecutive ADAからDAになってしまって、今は若い
    検事ADAなので、最近のは好きになれないんですね。俳優さんに共感できな
    いというか。

    同じ理由で、Law and Order CIも、今ひとつなんです。しかも検事の部分
    がなくて、警察だけで終わりですから。

    Law and Order SVU は性犯罪、子供が被害者の犯罪の担当です。
    もちろん、エグい犯罪ばかりになるのですが、そっちの方は実は私には
    どうでもよくて、オリビア・ベンソン刑事(Mariska Hargitay)とエリオッ
    ト・ステイブラー刑事(Christopher Meloni)のコンビがすばらしい。
    特に、オリビアになら逮捕されたい人が出てくるんじゃないかと思うくらい
    です。壊れちゃうんじゃないかと思うくらい、被害者の立場でものをみる刑事、
    誰一人被害者の言うことを信じていなくても、嘘だと証明されるまで信じ続け
    る刑事を演じています。ある話では、911にかかってきた電話で、誘拐されてる
    (らしい)女の子と、オリビアは延々と話し続けます。
    他の皆がいたずら電話だといっても、彼女だけは頑として譲らない。最後の
    最後に生き埋めにされかけていた女の子を見つけ出すのですが、その子が生き
    ているのを知ると本当にうれしそうな顔をします。

    こちらは主に二人の刑事が主役で、法廷は重要ですが、脇役です。

    CSI Las VegasではGrissom、CSI MiamiではCaineが好きなんですね。
    BonesではDr. Temperance BrennanとAgent Seeley Booth、MonkではAdrian
    MonkとMs Nathalie Teegerです。

    ちなみに、Monkはグロいドラマではありません。もと刑事Monkが名探偵である、
    という話ですが、彼は日常生活もままならない強迫性潔癖性OCD=oppressive
    compulsive disorderで、アシスタントを必要としています。人と握手すると、
    ぬれティッシュで手を拭かないと気が済まない。それを、いつでも気のきく
    Nathalie Teegerが気のきかない彼を支えてくれる、なんだか、秋葉原のカフェ
    みたいな話です。このコンビもすてきなんですよ。

    ちなみに、犯罪・暴力が好きという人なら、私はAmerican History X(映画)を
    勧めます。すばらしい作品です。最近のTaken/48hours (Luc Besson)より、
    はるかに暴力描写は少ないものの、深い不快感ではまったく負けていません。

    なんだか、好きなことを書いてしまいました。
    Posted by buvery at 2009年10月02日 07:25
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250596481

    この記事へのトラックバック