2009年04月25日

セックスと嘘とDVD・・・スクリプト付きでお楽しみあれ

高校英語の授業で『Spirited Away(千と千尋の神隠し)』を使ってみた。

パパ ― Look, Chihiro, there is your new school. It looks great, doesn't it?
ママ ― It doesn't look so bad.
千尋 ― It's gonna stink. I liked my old school.

車の中で交わされる冒頭の会話だが、「stinkって何ですか」という質問が入ったので「これはsmellと同じで臭うって意味ですけどね・・・」と説明しようとすると、別の生徒から「stinkっていうのは子供が使う用語で、『しょぼい』みたいな意味のはず」といきなり先取り解説が入った。私は「no good」程度で説明するつもりだったが、いきなり「しょぼい」と来たか。帰国子女の多いクラスは恐るべし。

英語の最良の勉強法は、自分の大好きな映画またはドラマを英語と日本語で交互に見るに尽きる。2時間の映画の場合、アクションシーンが多いと会話を聞き取る練習としては効率が悪い。そこでお勧めできるのは、20〜25分ものの連続ドラマだ。

チョコレート好きの私が気になっていたのは『Sex and the City』。このTVドラマが映画化されたときに、イギリスでもチョコレートとタイアップで広告キャンペーンが張られた。子供がやってきたときに、このチョコの包み紙をそそくさとゴミ箱にしっかりまるめて捨てたのを覚えている(笑)。

ドラマのシーズン1を「Gyao」(映画・ドラマの無料視聴サイト)で見たあとに、YouTubeにころがっていた全シリーズをゲットした。

最近は便利になったもので、ほとんどすべてのスクリプト(台本)をネットでチェックすることができる。例えば、ドラマの中で「(彼を)じらしてるのよ」という字幕が入ったが、英語で聞き取れなかった。「じらす」は「play hard to get」がよく使われるが、もっと短い“何か”だった。

そこで Sex and the City Transcripts というサイトで調べると、「I'm a trailer」の訳と判明。映画の予告編の意味でよく使われる単語だが、本番は見てのお楽しみというわけだ。このサイトはオーディオも完備していおり、ドラマを1本見た後に、ここで音声だけを流しながら、スクリプト全文を目で追いながら復習することもできる。

こういった総ざらいの“復習”は、20分番組でこそできる芸当だ。40分ものになると、時間がかかりすぎて少々厳しい。2時間映画では、よっぽど暇でない限り不可能だ。

日本語吹き替え版のあるDVDを買えば、日本語の会話や英語の字幕も楽しむことができる。「Our smugness is a little premature.(得意になったつもりが、少々早計だった)」の部分が、「詰めが甘かった」という簡潔な名訳になっていたりと、感心することしきり。

『Sex and the City』は、コラムニスト、画廊アーティスト、弁護士、PR会社社長という30代半ばの女性4人が繰り広げる下ネタコメディ。ウィットと皮肉の会話が満載で、バブル崩壊前のニューヨークのさまざまな実写シーンを楽しむことができる。友人と見る場合は同性同士で見た方が無難かも。

下ネタをもっとカムフラージュしたい人は『Friends』がいいかもしれない。これは10年間続いた人気のシットコム(sitcom=situation comedy)で、観客を模した合成の笑い声が入る。以前『Full House』を購入したときに、この笑い声が馴染めずにシットコムはボツだったのだが、『フレンズ』には私の好きなジェニファー・アニストン(Jeniffer Aniston)が出演しており、見ている間に気にならなくなった。

思えば、マイケル・J・フォックスの『Family Ties』もシットコムだったが、マイケルのことが大好きだったので合成の笑い声は気にならなかった。『Family Ties』もすでにDVD化されている。

もう1つの私のお薦めは『Gilmore Girls』。主人公に扮するローレン・グラハム(Lauren Graham)が弾丸のようにしゃべりまくり、暴力的なシーンは皆無なので、ほのぼのと楽しめる。7シーズン続いた母娘のドラマだが、日本語化はこれからだ。

posted by ヒロさん at 21:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | Learning English
この記事へのコメント
TITLE: すごいですスクリプトとは!
いやはやおそれいりました。
たしかに、ドラマなどはスクリプトがあれば大助かり。ディクテーションなんてやってみるのも上達になりますね。
ところで、Yes、(Prime)MinisterシリーズがBBCでやっていたのですが、このスクリプトのありかをご存知でしょうか?こちら、おもしろい言い回しがおおいSitComなのでおすすめですよ。
Posted by TAKA at 2009年08月23日 01:20
TITLE: DVDの字幕ファイルを取得する
Yes (Prime) Ministerは見たことがありませんが、お奨めとあればいつの日かチェックしましょう。
http://simple.podnapisi.net/index.php/ppodnapisi/search?sM=417902#
「download subtitle」をクリックすると、DVDの字幕ファイル(〜.srt)が取得できます。
これはテキストファイルなので、拡張子を適当に変えて開くとよろしいです。
Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2009年08月23日 06:50
TITLE: 字幕ですかぁ〜〜
なるほど、そのやりかたがありましたか。これはThankyouです。
Posted by TAKA at 2009年08月25日 23:37
TITLE: お礼に
ええと、SATCのスクリプトのリンクをされていましたが、これは誰の発言かがわからず、スクリプトオンリーでは楽しめません。そこでここしばらくリサーチしていましたら、フランス語のさいとでいいものをみつけましたので、ご参考までに。
こちらだと、台本仕立てになっています。

またおもしろいドラマの台本があったらおしえてくださいね。SATCの男版とかいうのもあるそうですし・・・
Posted by TAKA at 2009年09月04日 15:25
TITLE: >お礼に
フランスのサイトですか! シーズン1の4本のみ台本形式で出ていますね。
http://sex-and-the-city.hypnoweb.net/episodes-/saison-1/101/script-vo.16.305/
http://sex-and-the-city.hypnoweb.net/episodes-/saison-1/102/script-vo.16.306/
http://sex-and-the-city.hypnoweb.net/episodes-/saison-1/106/script-vo.16.307/
http://sex-and-the-city.hypnoweb.net/episodes-/saison-1/107/script-vo.16.308/

著作権の甘い中南米のスペイン語サイトを探せば、もしかしたら見つかるかも・・・。
Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2009年09月04日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250596573

この記事へのトラックバック