2008年06月04日

空耳による外国語教育、逆空耳による日本語教育

イギリス生活5年目の今日この頃だが、約1年半前からわが子がいっさい日本語を話さなくなった。海外生活が長い家庭では、「食事中は日本語オンリー」みたいなルールがあったりするが、わが家は共同住宅だったり、下宿人をかこったりが多いので、みんなでワイワイ食事をすると、必然的に英語になる。

かつては寝る前に必ず日本語の本を読み聞かせしていたが、親が忙しくなってくるとそれも叶わずだ。で、子供の英語力は加速して、1日に英語の本を5冊ぐらい読んでしまうので、その本の「要約」や「あらすじ」を延々と英語でおっぱじめる。学校の経験もすべて英語なので、親が英語を解する以上は、英語で説明するのが自然だ。

最近はこちらもできるだけ日本語で話かけるようにしているが、返ってくるのは英語だ。日本語は聞いて理解しているようだし、その昔、日本語で読み聞かせをした本の内容を英語でサラサラ説明できるので、日本語の記憶はしっかりとしている。そこで、何かいい手はないものか・・・と考えた。

拙ブログは「アクセス数の5〜6割が検索ヒット」というブログだ。「逆空耳アワー」とか、「メイポール」とか、「糾弾会」とか、「デンマーク風刺画」とかで、細々と延々とアクセスがある。先日、アクセス解析を見ながら、「よくもまあ、逆空耳アワーで検索する人たちがいるもんだなぁ」とつぶやきながら、まてよ、これはわが子の日本語教育に使えるかもしれない!と思い立った。

子供は「君が代」なるものを知らないので、夫婦で合唱サービスをすることになった。配偶者の方は普通に日本語で歌う。で、私の方は「Give me gum and you are one」という私の創作歌詞を歌う。

Give me gum and you are one
Chew your knee, yea, chew your knee
thousand days, yea, she knows
You are old and no return
Volcano, Monsoon, Mother

わが子いわく、「Chew your knee, yea, chew your knee」がナンセンスで面白いという。「それって日本語で何なの?」と英語で訊いてくるので、「千代に八千代に」だよと教育するわけだ。「ヒロさん日記」も忘れたころに役に立つことがあるものだなぁ。

逆空耳アワーはいいとして、本家本元の「空耳アワー」をあまり観たことがなかったので、YouTubeで鑑賞してみた。ただのナンセンスなのに無条件で笑える。もちろん単純な空耳だけではなく、ビデオ演出も面白いのだけれど。。

  • 「レンコン好きです! レンコン好きです! レンコン好きです!」「今誰っすか?」
  • コンドルは飛んでいく、そして「野菜を いっぱい食う」
  • 「母さんが言う、『そういうパーマは変だ』と。死のう!」
  • 「土手のおっさん・・・僕のパパ!」
  • 「花のパリでは なめこそば」
  • 「上がったまま正論言う」
  • 「湯沸かして卵とレバー、チンする」「やかん、くれる?」

    他の外国語を交えるもの楽しい。

  • スペイン語がわかる人へ・・・ジプシーキングスの名曲「バンボレオ」から
  • フランス語のわかる人へ・・・「でっかくて、人並みじゃない」
  • イタリア語がわかる人へ・・・「あの××、あの××」
  • ブラジル語のわかる人へ・・・「休日は鮒寿司食べて暮らす」

    私も休日は寿司食べて暮らそうかな。ブログに「死ね」と書かれちゃったとか、梅雨入りでウツ気味なのよという人は、どうせネットに繋いだならば、1日に1回は「高笑い」の「大笑い」をしようではあ〜りませんか!


    ■追加:「空耳アワー」ではないが、ついでにドイツ語も。
  • ドイツ語のわかる人へ・・・「めざせモスクワ」 で、実際のドイツの字幕はこちら
  • posted by ヒロさん at 00:12 | Comment(5) | TrackBack(0) | Learning English
    この記事へのコメント
    TITLE: 最強空耳バンドGuns
    「死ね」じゃないですが、「殺す」と脅迫されて新作書く気が失せてるharuhicoです。
    「空耳アワー」は大好きですね。毎週見るほどではないですが。
    私はこの傑作選の3'00くらいにあるGuns and RosesのMr.Brown Stoneが大スキです。
    http://jp.youtube.com/watch?v=h4DJvphcoVo
    同じくGunsのWelcome to Jungle(7'17)もサイコー
    Posted by haruhico at 2008年06月04日 20:39
    TITLE: ほのぼの系のブラジルの空耳
    haruhicoさんの好きなのは、「殺す」と脅迫されて実際に死んでしまった「兄貴の位牌」ですか。Guns and Rosesのこの「兄貴の位牌」は英語で何と言っているだろう?

    私はブラジルファンなので、6分45秒付近の小野リアの「電車賃、電気館、電話、手品」がいいなぁ。まあ、私にとっては「休日に鮒寿司食べて暮らす」が最高傑作の理想郷ですが。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2008年06月04日 22:42
    TITLE: もう一つ忘れてました
    >兄貴の位牌
    I leave it all behind yowsa!
    だそうです。

    Hiro-sanさんに習ってダラダラ試聴していたら、
    以前爆笑したのをもう一つ思い出しました。
    http://jp.youtube.com/watch?v=k-S6zbU5u6I

    どうやら私は絶叫系が好きなようです。
    Posted by haruhico at 2008年06月04日 23:55
    TITLE: あはは
    思わずわらった

    千代に 八千代に の部分は確かによく似た音

    まあ皇室というのは国民の税金をくって いわばすねを囓っているようなところがあるから名訳ともいえる あっはは と笑いながらよんでしまった
    Posted by ポコリン at 2008年06月05日 00:23
    TITLE: 夜中に笑っているのは誰だ!
    haruhicoさんがダラダラと深夜に爆笑しているのは、「嫁はブサイクでした」ですか。
    Your mail's not safe in this town. がどうしてこう聞こえるのかしらねぇ。

    ポコリンさん、プップップとやっているのは「スネカジリ」ですか。
    You are old and no return が、年老いて実りなし、なのでこれも侘しいですよ。
    Volcano, Monsoon, Mother も火山、台風、母ちゃんで日本風情ですよ〜。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2008年06月05日 01:11
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。