2007年11月06日

元MI6長官の「異常な愛」:情報操作、大量虐殺、ビルダーバーグ

イギリス人は公共の場ではおおむね大人しい。わが子の学校の校医はドイツ人だが、職員会議に出席すると要領を得ない話ばかりでうんざりだという。彼に言わせると、イギリス人は一般論や周辺の話ばかりをしていて、核心に迫ることも、自分の意見を表明することもしないのだという。

イギリスの携帯電話マナーはひどい。朝の静かな列車で、いきなり大音響の着信音を鳴らし、延々と大声で話している連中がたくさんいるが、隣に座っている人は眉間とこめかみにイライラのマークを表示しているものの、「すいません、もっと小さな声で話していただけませんか」とか、「電話はやめていただけませんか」と切り出すことがない。

だが、秘密情報機関MI6(エム・アイ・シックス)の元長官リチャード・ディアラヴ(Richard Dearlove)の2007年10月31日の講演会にやってきた人たちは、違っていた。やりたい放題のいかさま「007」に怒りの声を上げている。


YouTube: Richard Dearlove(7分)
右のビデオはディアラヴの過去の発言から始まる。「イラクは、現存のアクティブな軍事計画において生物・化学兵器を45分以内に使用可能にでき、核兵器能力の取得にも精を出している」と述べ、イラクに大量破壊兵器があると主張し、イラク攻撃を後押しした。(参考:September Dossier

聴衆からの質問の第1弾は、2005年7月のロンドンテロに関してだ。「MI6と内務省が7/7テロの黒幕ではないか」という質問に対して、「ノーコメント」「そんなのはゴミだ」と一蹴し、「知らないね、そのときはもう退任していたんだから」と逃げをかました。確かにリチャード・ディアラヴの任期は1999年〜2004年5月で、ロンドンテロの1年2ヵ月前に辞めている。

次は911テロ。質問者が「911の真相究明で世界的な運動が起こっている。学術界、科学者、エンジニア、パイロット、軍事関係者、元情報部メンバー、目撃者、犠牲者の遺族などが米政府の公式発表に異議を唱えている・・・」と延々と始めたので、ディアラブは業を煮やしたかのように割り込んで「それは質問なのか? 答える、答えないの自由はある」と切り返した。

イラク関連と見られる質問に対して、ディアラヴが「イラクに関する情報収集が混乱していた原因の1つは、イラク国民自身の内部の混乱にあると、私は考えるわけです・・・」ととぼけたことを言い始めると、「事実は確定していると言ったのは、あんただろ」「イラク人虐殺の戦争犯罪じゃないのか」という突っ込みが入り、大きめ拍手が湧き起こった。

元MI5の女性も質問した。「1990年代にISS(=MI6)にはメディアにかく乱情報を流す“psy-ops”という部署があったが、その部署は今でも存在するのか?」と質問したが、「個別の質問には答えられない」と逃げたので再び場内が沸いた。

ビデオの4分付近からが面白い。ディアラヴは米国にあるような国家安全保障会議(National Security Council)の設立を推進しているが、「あなたはどうして設立に積極的なのか? NSCは何を解決するのか?」という質問に口ごもっている間に、場内からヤジが飛ぶ。

「ビルダーバーガーだろ」
「えっ、なんですって?」
「あなたがビルダーバーガーだからでしょ。何の話かご存知でしょうに」
(口ごもりながら)「そ、そう、確かに私はビルダーバーグの会議には参加してますが・・・」
(別のヤジ)「ビルダーバーグって何なの?」
「う〜ん・・・それは〜、ここでやっているのと同じように、いろんな問題を討論する場であり、ただし公開形式にはなっていないだけで・・・」

という具合に、非常に歯切れが悪くなってしまった。『Dr. Strangelove』(「異常な愛」博士)という映画があるが、この秘密情報機関の元トップは「Dearlove」(「いとしい愛」、「法外な愛」)という風変わりな苗字の持ち主だ。2007年にトルコで開催されたビルダーバーグ会議にも参加し、国際金融財閥に「いとしい愛」やら「異常な愛」やらを注いでいる御仁である。

■関連記事:
  • ネオコンを糾弾する言論テロリストが、各地に出没中
  • 「7/7テロ」の偽装トリック、有効期限切れが迫る!
  • posted by ヒロさん at 09:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際政治/謀略
    この記事へのコメント
    TITLE: MI6元長官、自宅前と路上で糾弾される
    阿修羅:戦争犯罪人元MI6長官を追い詰める(YouTubeビデオ)
    http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/431.html

    反戦活動家が元MI6長官(ディアラブ)の自宅前で糾弾演説。外出後もつきまとわれ、「君たち、これはハラスメントだ」というと、「イラクで大量に人を殺すのはハラスメント以上だが、これについてはどう思う?」「夜はちゃんと眠れるのか?」と糾弾される。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2008年05月14日 19:01
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250596691

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。