2007年06月14日

「7/7テロ」の偽装トリック、有効期限切れが迫る!

ロンドン「7/7テロ」からもうじき2年を迎えようとしている。この事件がテロ演習を隠れ蓑にした自作自演であることが徐々にバレ始めている。

事件を簡単に復習しよう。リーズ(Leeds)を拠点とする4人のイスラム過激派が、七夕の日の朝、ルートン(Luton)から列車に乗り、ロンドンのキングスクロス(King's Cross)で下車。そこから別々の地下鉄に乗って、ほぼ同時に自爆テロを実行。ところが、1人が乗ろうとした地下鉄は運行がなく、彼は地上に出てフラフラしたあとにバスに乗車。このバスがタヴィストック広場(Tavistock Square)を通過したところで爆弾のスイッチを押し、1時間遅れで仲間の後を追った・・・というお話だ。

右は7時21分にルートン駅入口で監視カメラが捉えた映像だ。ロンドンに山ほど監視カメラが設置されているにもかかわらず、地下鉄を爆破した3人の映像はこのルートンのスチル映像のみ。この映像も合成ではないかと疑われている。(例:London was attacked by a faceless coward !

さらに、犯人が乗ったとされる7時40分発の列車は、当日キャンセルされていることが判明。爆破した地下鉄に乗り込むのは不可能と主張するサイトもある。(ソースはこちら

ロンドンで撮られた映像は、4人目の犯人のスチル映像しかない。この犯人が乗ったという「ルート30番」はユーストン(Euston)からキングスクロス(King's Cross)方面に向かうバスだが、このバスに乗っていた目撃者がインターネットサイトを立ち上げ、公式発表のウソを告発している。また、アレックス・ジョーンズとのインタビューで詳細を報告している。

このバスはキングスクロスに向けて大通りをまっすぐ走っていたのに、なぜタヴィストック方面に右に曲がったのか、以前から謎になっていた。2階建てバスの1階の中央ドア付近に立っていた目撃者のタイムラインは以下の通りだ。

  • 9:40・・・・大通りを走っていたバスが停止、前方には黒いBMWが止まり、さらにもう1台のネイビーブルーのBMWが進路をふさぐように止まっていた。
  • 9:43・・・・サイレンと共に白バイが現れ、BMWの1台のドライバーと会話。ドライバーはIDカードのようなものを手にしており、白バイはすぐに走り去る。
  • 9:45・・・・BMWの誘導でバスは右に曲がり、Upper Woburn Place通りへ。バスはタヴィストック広場のコーナーで止まり、行き先が違うことがわかった多数の乗客がバスから下車。
  • 9:46・・・・ドライバーが道行く人に大声で道を尋ねる。
  • 9:47・・・・バス後部が爆発、13人が死亡。

    彼の証言によると、バスの中でアジア系でリュックを背負った人物は1人も見ていないという。このバスは公安当局の要請で路線変更という「演習」に参加させられたことになる。タヴィストック広場の近くでは偽証人・救出作業班・撮影クルーなどが待ち構えていたのだろう。ちなみに、当日のロンドンではまったく同じ時間帯に「地下鉄爆弾テロの演習」が行われている。

    この偽装テロ事件はロンドンのイスラム教徒たちが積極的に真相究明に乗り出している。この事件の警察発表は911テロよりもさらに証拠に乏しい。以下のビデオの最初の10分間をご覧あれ。


    Ludicrous Diversion - 7/7 London Bombings Documentary (28分)

  • posted by ヒロさん at 00:08 | Comment(8) | TrackBack(0) | 国際政治/謀略
    この記事へのコメント
    TITLE: 007
    さすが007の国ですね。私は最初はアメリカがやったのかと思っていましたが、やはり犯人は00Xでしたか。
    Posted by Shoon at 2007年06月14日 01:55
    TITLE: なるほど訓練だったんか!
    確か、この7月7日は、地下鉄でテロの演習があったという報道がありましたよね。そいれを主催していたのが、確かCFR関係者だったという。
    バスも演習の一環に組み込まれてたというわけですが。やはり、ばれるときはばれる。政権交代が潮目と判断したんでしょうね。

    そういえば、ビルダーバーグ2007の参加者リストがリークされました。今度は本物ではないかと思います。デヴィッド・ロックフェラー欠席です。ルーク君の事件も納得できますね。誰が住所をルークに教えたのか、ずっと考えていたんですよ。
    Posted by アルルの男・ヒロシ at 2007年06月14日 23:01
    TITLE: バス爆破が必要だったわけ
    なぜわざわざバス爆破が必要だったのかを考えてみましたが、やはり「絵になる風景」がほしかったのでしょう。地下鉄テロはTVメディア向けに絵にならない。さらに、7月7日の地下鉄テロ演習は、まったく同じ時間帯に、自爆テロが起こったとされる3つの駅とまったく同じ駅で行われている。これじゃあ疑ってくれといわんばかりになるので、血も流れていないウソの包帯を頭に巻いた偽証人を用意して、世間の関心をバスに集中させたのでしょう。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2007年06月15日 00:06
    TITLE: タヴィストックの演習名は「Peter Power Terror」
    バスでの死者は13人。バスも地下鉄も床下から吹っ飛んだとの証言あり。
    「血も流れていないウソの包帯」の男の話に興味がある方はこちら。
    http://daniel77witness.blogspot.com/2007/04/grey-man-full-picture-emerges.html
    タヴィストック広場で行われていた演習名は「the Peter Power Terror drill」だそうだ。

    「爆破の前に男がリュックをいじっていた」という作り話をした疑いのあるRichard Jones。
    http://www.nineeleven.co.uk/board/viewtopic.php?p=65044
    バスにすら乗っていなかったもよう。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2007年06月15日 04:51
    TITLE: ブラウン政権にMI5からの祝砲?
    ピカデリーサーカスでの「テロ未遂事件」、BBCワールドはほとんど扱っていないのに対して、CNNインタナショナルでは、ずっとやっていますね。これはブラウン政権の強腰姿勢と民衆への恐怖植え付けのためのイベントでしょうか?
    Posted by アルルの男・ヒロシ at 2007年06月30日 17:26
    TITLE: 記念日の前祝いテロか?
    http://www.prisonplanet.com/articles/june2007/290607crockofcrap.htm
    ブラウンへの祝砲か、それとも恫喝か。2005年の7/7テロに対する真相究明の動きが出てきたので、記念日前祝いの印象操作イベントかもしれません。記憶に定着させるには繰り返しが大切です。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2007年06月30日 17:36
    TITLE: もうダメポー
    良質ビデオ
    http://www.asyura2.com/07/bd51/msg/304.html
    Posted by TRUTH at 2007年12月11日 21:43
    TITLE: 77 Ripple Effectの波紋効果
    http://www.asyura2.com/07/bd51/msg/304.html
    『77 Ripple Effect』でしょ、これ観ましたよ。77テロの独立調査委員会を要求する真相究明派の間では、1)モサドの関与の言及、2)当日にテロリスト3人が射殺されたとされる報道は裏が取れるか、3)ブラジル人が射殺されたのは口封じという推理、などから過激過ぎるとして煙たがっている人もいるようですけど。

    私の関わっている大学でも、いずれこのビデオと『Ludicrous Diversion』の2つを自主上映する計画があります。もうクリスマスシーズンなので、たぶん1月かな。
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2007年12月13日 08:46
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。