2006年03月11日

「つくる会」と「日本会議」を支える、宗教団体の顔ぶれ

「新しい教科書をつくる会」を支えてきた「日本会議」という団体がある。特に調べたいという意欲もなかったので、私の印象としては「神社連盟」みたいなものかな、と思っていた。最初に「日本会議」のことを知ったのは、林秀彦の本を読んでいるときだったと記憶する。

林秀彦の本はだいだい全部読んできた。現在は日本に帰国したそうだが、以前はオーストラリア在住しており、海外から「古きよき日本」を発信する好好爺だった。『ジャパン、ザ・ビューティフル』、『ココロをなくした日本人』、『日本を捨てて、日本を知った』、『失われた日本語、失われた日本』などなど。

『日本の息吹』2月号のご案内
総特集●皇室典範問題―万世一系は世界の宝
  • 特別インタヴュー 三笠宮寛仁親王殿下
    「皇室典範問題は歴史の一大事である」―女系天皇導入を憂慮する私の真意  聞き手 小堀桂一郎(日本会議副会長)
  • 万世一系と国家の品格・・・・藤原正彦(お茶の水女子大学教授)
  • 日本文明の核を守りぬけ!・・・・櫻井よしこ(ジャーナリスト)
  • 万世一系は神の末裔・・・・中西輝政(京都大学教授)
  • 女神たちの饗宴・・・・林秀彦(脚本家)

  • 「日本会議」の機関紙は月刊の『日本の息吹』で、林秀彦は現在も活躍中である。この団体のトップは以下のような面々である。

    ウィキペディア:「日本会議」
  • 会長:三好達(前最高裁判所長官)
  • 副会長:小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
  • 副会長:工藤伊豆(神社本庁総長)
  • 事務総長:椛島有三(日本青年協議会(青協)会長、元生長の家学生連合(生学連)・反憲法学生連合(反憲学連)幹部)
  • 理事長:田中安比呂(明治神宮権宮司)
  • 日本会議国会議員懇談会会長:平沼赳夫
  • 議員懇談会会長代行:中川昭一

  • 「日本会議」には前身となる2つの団体があり、これらが1997年5月に合体してできたものだ。

  • 「元号法制化国民会議」→「日本を守る国民会議」
  • 「日本を守る会」(神社本庁+各宗教団体)

    「日本を守る会」は神道関連の団体かと思いきや、仏教やキリスト教も入っているようだ。以下、主だったな加盟団体を列記したい。

    ■国家神道系
  • 神社本庁
  • 国学院大学
  • 皇学館大学

    神社本庁は、日本全国の加盟神社の頂点である。日本で神道学科のある大学は、東京の国学院大学、伊勢の皇学館大学の2つだけである。

    ■仏教系
  • 国柱会(信者:2万)・・・・設立:1914/系列:日蓮宗
  • 霊友会(175万)・・・・1923/日蓮宗
  • 仏所護念会(165万)・・・・1950/日蓮宗
  • 念法真教(54万)・・・・1947/天台宗
  • 解脱会(19万)・・・・1929/真言宗

    まず驚いたのは「国柱会」があったことだ。昭和ファシズムの台頭は、日蓮宗の存在なくして語れないが、その中心が「国柱会」だ。世界最終戦争の石原莞爾、上海事変の重藤千春、「一人一殺」血盟団の井上日召、2・26クーデター事件の北一輝など、そうそうたるスターを生み出した。宮沢賢治の墓も、国柱会本部にあるという。(コメント情報:国柱会本部に納骨されているのは、妹のトシのみ→参考サイト

    霊友会は東京タワー近くにある大教団で、「いんな〜とりっぷ」でも有名。現在の日蓮宗系では、最大は創価学会(600万)で、次に立正佼成会(580万)。立正佼成会は霊友会から分裂してできた教団だ。もし分裂がなかったならば、霊友会は創価学会をしのいで日本最大である。

    ■教派神道系
  • 生長の家(85万)・・・・1930/大本教
  • 崇教真光(46万)・・・・1978/大本教
  • 大和(おおわ)教団(7万)・・・・1957/神道実行教
  • 倫理研究所(15万)・・・・1946/御岳教
  • モラロジー(6万)・・・・1927/天理教
  • 黒住教(28万)・・・・1814

    戦前の日本を大きく動かした、もう1つの柱は出口王仁三郎の大本教だ。1921年に大本教は大規模な弾圧を受けるが、このときに弟子であった谷口雅春が始めたのが、生長の家だ。天皇元首化、明治憲法復活などを唱える。「朝まで生テレビ」によく出ていた新右翼の鈴木邦男や、埼玉県教育委への任命で左翼から一斉攻撃を受けた高橋史朗も、生長の家である。

    大本教から分派した「手かざし」教団はたくさんあるが、天皇崇拝がもっとも強いのが崇教真光である。海外進出も活発だが、初代教祖が「反ユダヤ的」な教えをたくさん残しており、各国で問題になっている。

    ■キリスト教系?
  • 原始福音・キリストの幕屋(?)・・・・1948/新教無教会派
  • 心の集い(数百人)・・・・1976/GLA(大宇宙神光会)

    「キリストの幕屋」はユダヤ教に近く、イスラエル・ロビー的な存在となっている。ユダヤ教と皇室の結びつきを強調するのが役割か。「心の集い」は高橋信次・高橋佳子のGLAの流れを汲む団体。キリスト教的な天使と悪魔の話がたくさん出てくるが、開祖の高橋信次は「生長の家」の影響を受けている。

    ■■■■■■十■■■■■■

    すべての教団について調べてはいないが、ザッーと見た感じでまとめてみた。とても興味深い宗教団体がたくさんあるので、次回以降、気になるところをいくつか取り上げて行きたい。法華経で有名な「日蓮宗」の特徴については、「インドの新仏教」と対比しながら、考えてみたい。

    「つくる会」をめぐる右と左の対立の最前線は、<愛国主義・天皇教>と<共産主義・反天皇教>の対立でもある。反日的な主張をするブロガーには、共産主義や朝鮮労働党シンパもいるであろうし、一方、皇位継承問題を積極的に取り上げるブロガーの中には、上記の宗教団体の関係者もいることであろう。

    ■参考:各教団の派生関係図は、日本における「宗教右翼」の台頭と「つくる会」「日本会議」の一番下にある図表がわかりやすいので、お奨めします。
  • posted by ヒロさん at 09:11 | Comment(13) | TrackBack(1) | 神話・宗教・民俗学
    この記事へのコメント
    TITLE: 宮沢賢治の墓
    http://www.hakaishi.jp/tomb/01-7.html
    『所在地:岩手県花巻市・身照寺』
    国柱会・妙宗大霊廟
    http://www.ihatov.cc/blog/archives/2005/08/post_311.htm
    『賢治の妹トシの遺骨の一部は、ここに「合同安置」されています。しかしいかなる運命のいたずらか、賢治の遺骨は、ここには入っていません。』
    兄と妹の日本文学史〜近現代編〜
    http://www.h3.dion.ne.jp/~moeoka11/bungakushi_kindai.htm
    『妹萌え』
    Posted by えの at 2006年03月11日 11:30
    TITLE: 大学生の論文なんで
    大学生の論文なんでここの数字を元にどうとかいうような性質のもの
    ではありませんが、どんな人がプチ・ナショナリスト呼ばわりされた
    のかを眺めることができます。2001年までのですが。
    その後、日朝会議やら潜水艦だのいろいろ有って今ネットウヨですか。

    <普通>の市民たちによる「つくる会」のエスノグラフィー
    http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/report/thesis/2001/ueno.htm
    Posted by Kawai Oyaji at 2006年03月11日 14:22
    TITLE: 宮沢賢治とトシ
    妙宗大霊廟で兄と妹は60年ぶりにめぐり逢えたようです。
    http://www.kokuchukai.or.jp/about/people/10.htm
    『賢治は昭和8年9月21日、『国訳妙法蓮華経』の頒布を遺言して永眠したが、法名「真金院三不日賢善男子」は国柱会からの授与である。大正11年11月に亡くなった妹トシの遺骨は三保最勝閣へ賢治が持参し、今は妙宗大霊廟に納鎮されている。賢治の遺形も、昭和57年の賢治五十回忌に大霊廟に納鎮され、申孝園には賢治の辞世の歌碑が建立された。』
    Posted by えの at 2006年03月11日 16:36
    TITLE: 宗教改革
    戦前、仏教・神道・キリスト教それぞれの中から天皇教を教義に取り入れた広範な宗教改革運動があったという歴史の一側面は(国柱会等は除き)、戦後教育(民衆=善・軍部=悪)の文脈ではほとんど語られなかったわけで、私も大学でちらっと習ったくらいです
    しかし国柱会とは…わたしも調べたくなりましたね
    Posted by こたろう at 2006年03月11日 16:56
    TITLE: 日蓮主義
    『日蓮仏教の社会思想的展開――近代日本の宗教的イデオロギー』松岡幹夫
    http://www.utp.or.jp/todai-club/2005/07/25/uuaoe5iiaue/
    『宗門之維新』田中智学
    http://home.att.ne.jp/blue/houmon/shiryo/chigaku.htm
    千夜千冊『日本改造法案大綱』北一輝
    http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0942.html
    誰か昭和を想わざる 「死のう団」顛末記
    http://www.geocities.jp/showahistory/history2/12a.html
    Posted by えの at 2006年03月12日 13:57
    TITLE: また大西が・・・
    女系天皇反対は差別拝外の軍国主義者なのだそうで。
    http://www.nytimes.com/2006/03/12/weekinreview/12onishi.html?_r=1&oref=slogin
    これ朝日新聞の見解なんですかね?
    Posted by きゃべじん at 2006年03月13日 01:27
    TITLE: 「1万人の集会」がNYTの記事に
    >女系天皇反対は差別拝外の軍国主義者なのだそうで。
    http://www.nytimes.com/2006/03/12/weekinreview/12onishi.html?_r=1&oref=slogin

    オーニシのNYT記事ですね。正確にいうと「差別排外」や「軍国主義」という言葉は、オーニシは使っていない。
    「日本会議」に代表される「女系に反対するグループ」は、
    中国や北朝鮮に強硬路線
    歴史修正主義(@アジアの解放の戦争、A真珠湾はアメリカの陰謀、B誇張された南京大虐殺)
    日本民族の優位性
    を主張している。さらに、今は議論を棚上げにしたけれど、9月に紀子さんが男児を生まないと、日本は再び大激論だ。先進国の中で、日本はもっとも女性の権利が抑圧されている「時代錯誤(アナクロニズム)」の国で、雅子さんやジェンダーフリー運動はかわいそう、という話です。

    1万人の集会は(朝日新聞からの情報と思われるが)平沼議員の発言を攻撃。
    「皇室は日本の宝で世界の宝」といってるぞ〜
    「皇室は2665年」という、神話を布教するトンデモ発言だ〜
    Posted by Hiro-san★ブログ主 at 2006年03月13日 05:14
    TITLE: いっそのこと
    >「皇室は2665年」という、神話を布教するトンデモ発言だ〜

    いっそのこと、日本神話を受容する人を人種に関わらず日本人(日本国籍所持者とは一致せず)という定義にしてしまいますか。そうすると随分すっきりすると思うんですがね。
    Posted by Kawai Oyaji at 2006年03月13日 10:12
    TITLE: 仮説 鈴木邦男サンの存在意義
    http://plaza.rakuten.co.jp/junksai/diary/200603230000/
    Posted by くれど at 2006年03月23日 16:22
    TITLE: 靖国神社に参拝しよう。
    大樹ゆたか歌唱の「英霊の杜」をCDとして出しました。
    靖国神社に祭られた英霊を称えたすばらしい曲です。
    希望が有れば送らせていただきます。
    Posted by 愛国心 at 2006年05月21日 13:52
    TITLE: 「日本会議」じゃあねえ・・・
    はっきり言って、「日本会議」に加わっている宗教団体はアナクロであり時代錯誤。
    本当は、これらの団体は政府自民党あたりから特別な恩典に授かろうという下心から加盟しているに過ぎないであろう。
    真に愛国心があるメンバーは、半分以下であるのが実情のようである。

    それと、生長の家の信者の総数が85万人というのは幅を読みすぎ。
    実際には彼らの勢力実数は10万人程度のもの。 高橋史郎氏などの見識の低さには目を覆いたくなるほどであるし、小野田寛郎氏なども固定観念に縛られてしまった憐れな存在。
    Posted by 幸福の科学広報局 at 2007年05月26日 07:35
    TITLE: 靖国神社に英霊はいない
    靖国神社みたいなところに「英霊」みたいなものは存在してはいないであろう。
    そういった無知蒙昧からは早く目覚める必要がある。
    「残された者の務め」といったレベルでしかないとするならば、結局は唯物論と大同小異ではないか。 「英霊」ではなくて「亡霊」「怨霊」の巣窟となっているのが靖国神社の真相であろう。
    Posted by アーリー at 2007年05月26日 07:44
    このグログには、高橋信次は「生長の家」の影響を受けている。とあるが、それはデタラメですね。
    当時、影響を受けたのは生長の家の方です。
    Posted by g at 2016年06月17日 05:55
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック

    危険水域の日本〜特定アジアに対する甘い考えは捨てろ!〜
    Excerpt: http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea....
    Weblog: realplace
    Tracked: 2006-03-11 17:14
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。