2005年11月29日

ノリミツ・オーニシの「靖国神社」と「日本に来るな」

現在イギリスのわが家では、岩手県から来た学生が下宿している。平泉の中尊寺や、宮古の浄土ヶ浜、詩人の石川啄木など、ローカルな話題で盛り上がったりしているが、食べ物の話になって、そういえば、盛岡は冷麺でも有名だった。

週刊トラベルメールマガジン:「メール イカロス No.228」(2002/7/5)
 韓国を旅行すると「冷麺」というメニューに出会います。ハングルでは「冷麺」と書いて「ネンミョン」発音します。「冷麺」の本場は北朝鮮の平壌。金大中大統領が平城を訪れてまず名物の「冷麺」を食したのは有名な話です。私も昨年、平壌でしっかり食してまいりました。今年の9月には中国の延辺朝鮮族自治州への旅に同行して、ここでも「冷麺」を必ず食するぞと心に決めております。
 東アジア「冷麺」文化圏は、中国・朝鮮半島を含み西日本にまで広がり、その東の最果ての飛び地として盛岡冷麺ががんばっています。
 盛岡冷麺は戦後、北朝鮮出身の在日朝鮮人がはじめた「ぴょんぴょん舎」が始まりですが、私の住む関西でも、在日韓国・朝鮮人が多く暮らし、半島の文化を身近に体験できるため、韓国料理店、朝鮮料理店で「冷麺」と注文すると半島風の、例のバトミントンのラケットのネットをそのまま茹でたのではないかと思うほど腰のある麺が登場します。

注(2005/11/30):コメント(ノーマターさん)のご指摘で、盛岡最初の冷麺は「食道園」が正しいようです。(参照)

冷麺は韓国料理かと思っていたのだが、主に「北」が本場の食べ物だという。下宿している学生さんいわく、港町の宮古では在日の人が多いですよ、とのこと。岩手県境を越えてお隣の宮城になるが、「嫁に来ないか〜」と歌った新沼謙治が出身の気仙沼でも在日の人が多いという。

もう1つ、岩手の名産といえば「南部せんべい」。南部せんべいといえば「南部藩」、南部藩といえば「靖国神社」。

盛岡タイムス:南部利昭氏が靖国神社に 「大変名誉なこと」と抱負(2004/7/4)
 南部家第45代当主の南部利昭さん(68)=東京都=は3日、盛岡市内で記者会見し、靖国神社の宮司に9月12日付で就任すると発表した。同神社宮司はほとんど旧華族出身者が就任しており、南部さんは9代目となる。「大任を全うしなければならないと考えている」と抱負を語った。
 会見した南部さんによると、現宮司が9月11日で75歳の定年を迎え、この際、旧華族出身者がなり元に戻してほしいと願い出たという。現宮司は旧華族出身ではなかった。
 南部さんが所属する旧華族出身者の社団法人霞会舘(旧華族会館)は同神社に推薦を求められ理事会で南部さんが推薦された。推薦を受け、同神社の宮司推薦会議、総代会が満場一致で内定した。

私は靖国問題をあまり追いかけていないので、南部藩の「華族」さまのことを知って、ほ〜ぅと驚いている。靖国神社の宮司は、本来「華族」さまが基本のようだ。

◆毎日新聞:インタビュー記事「靖国神社第9代宮司の南部氏に聞く」(2004/12/29)(ネットソース)
 今年9月に靖国神社の第9代宮司に就任した南部利昭氏(69)に現状と課題を聞いた。明治維新で「賊軍」とされた旧盛岡藩・南部家の第45代当主で、広告代理店電通に約23年間勤務したという異色の経歴の持ち主だ。
−−中国が首相の参拝を問題視しています。
◆国のために命をささげた英霊を祭っているのだから、国の代表として首相が参拝するのは当然だ。亡くなった先人に敬意を表すのも人間として当たり前。「内政問題であり、余計なお世話だ」と突っ張ねるべきだ。
−−首相にはいつ参拝してほしいですか。
◆春秋の例大祭に欠かさず参拝してほしい。「不戦の誓い」と説明しているのだから、8月15日にも参拝されたらいい。
−−中国が求めているA級戦犯の分祀(ぶんし)についてどう思いますか。
◆分祀はあり得ない。他の神社で祭神が気に入らないから、替えてくれとは言えないはずだ。東京裁判で連合国がA級、B級などと決めたもので、一緒に日本人が言うことはない。(終戦記念日に行う)全国戦没者追悼式には、いわゆるA級戦犯らを含んでいる。天皇・皇后両陛下、首相も出席するが、誰も文句を言わないではないか。
−−戦没者追悼目的の「国立無宗教施設」構想をどう考えますか。
◆靖国神社が戦没者を祭る日本の中心的神社との考えが定着しており、全くナンセンスだ。若い人に靖国神社というものを教えていかなければならない。「靖国に行くな」とか営業妨害はやめてもらいたい。【聞き手・田所柳子】

「賊軍」出身なのに宮司を引き受けるとは、なんと心の広い方だろう。毅然とした信念の持ち主で、しかも電通の出身とあっては、話題性にこと欠かない。毎日新聞がどんなに突っ込んでもひるまないとすると、ここで秘密兵器「Norimitsu Onishi」を投入するしかあるまい。

New York Times:(SATURDAY PROFILE) 「Ad Man-Turned-Priest Tackles His Hardest Sales Job」(2005/2/12)有料記事
To that end, it is not surprising that, for the first time in Yasukuni's history, its new chief priest is not only a salaryman but a former advertising man as well. ''I cannot take advantage of my experience on issues such as China's opposition to the prime minister's visit to Yasukuni,'' Mr. Nambu said of his time at Dentsu. ''That is a matter for the country to deal with. But I can help in making efforts to promote awareness among young people.''

【訳】この意味(若者を呼び寄せるという意味)で、靖国史上初のサラリーマンかつ電通マンが宮司になったことは、驚くには至らない。「中国の靖国参拝反対などの問題で、自分の経験を使うことなどあり得ない」と南部氏は電通出身の身の上を語る。「それは国が扱うべきこと。私としては若い人の意識を呼び覚ますお手伝いをしたい」と語る。

最初にこの記事を読んだときは、なかなかいい目のツケドコロだと感心していた。サラリーマンから神官へ。そして、靖国に軍服を着て現れる「保守派」が高齢化する中で、電通のマーケティング手法を生かして、いかに若者を神社に呼び寄せるか・・・。

これは切り口として実にうまい。さすがは New York Times だと感心する。新任の宮司から「若者を惹きつける」ためのさまざまな仕掛けやテクニックを聞き出せれば、最高に面白いだろうと思っていたのだが、なにしろオーニシである。読み進めていくうちに、だんだん面白くなくなっていくのだ。

◆ソース同上
WEEKDAY mornings, a car picks him up at his residence and brings him to the shrine around 9:30 a.m. He changes from a suit to his priest's robe, undergoing purification by pouring water over himself. On weekends, he laments, his new duties often get in the way of his golf game.

平日は宮司の衣装で「ミソギ」の清め祓いを行うが、週末のゴルフがままならなくて可哀想だね、とからかっている。そしてその後は、一番書きたかったであろう靖国神社の解説である。

◆ソース同上
According to the museum at Yasukuni Shrine, Japan waged war against Western powers to liberate Asian countries. It brushes aside Japan's own brutal occupation of Korea and Manchuria and its other aggressive acts against China, like the Rape of Nanking in which 100,000 to 300,000 Chinese were slaughtered.<中略>

After the enshrinement of the 14 in 1978 -- for reasons that have never been explained -- official visits became political minefields that most prime ministers simply avoided. Emperor Akihito has never worshiped at Yasukuni; his father, Emperor Hirohito, paid his last visit in 1975.

文章の構成が、何となく朝日新聞に似ている。いくぶん筆の立つ「天声人語」のような印象を受ける。この記事は「SATURDAY PROFILE」という人物紹介のコラムだが、今話題になっている「時の人」を扱うものだ。

オーニシがこの次に「時の人」として選んだのは、「チョン様」こと鄭香均(チョンヒャンギュン)だった。2005年4月2日の『母国で外国人として生まれて』という記事だ。全般に事実を淡々と書いてあり、気になるところは、以下の記述くらいだった。

New York Times:(SATURDAY PROFILE) 「Born to Be a Foreigner in Her Motherland」(2005/4/2)有料記事
DURING Japan's colonial rule, from 1910 to 1945, some Koreans came here seeking economic opportunities while others were brought as forced laborers.

それにしても、彼女が「日本に来るな」と叫んで66日も経ってから、わざわざ取り上げる理由は何なのだろうか。これは私の邪推だが、毎日新聞の中村イルソン記者が、ほぼ同じ時期に「哀れな国」:都庁国籍任用差別裁判・最高裁大法廷判決が意味するもの(インパクト出版会 2005/4)を出版しているので、日米の(韓カナダの? 韓韓の?)の連係プレイなのかな、と素直に疑ってみたくなるのである。

■つぶやき1:Norimitsu Onishi は2〜3本のエントリに凝縮してまとめようと思ったのだが、なにしろ相手は天下の New York Times である。彼の全記事を読んで、じっくりと攻めることにした。今後のメディア界の「伝説」になるであろうノリミツ・オーニシに敬意を表して、「ヒロさん日記」のカテゴリに「Norimitsu Onishi」を追加しました。

■つぶやき2:まったくの偶然だが「鄭香均」も岩手県出身。鄭香均、南部利昭、東条英機・・・と、いま(ヒロさんの中で)岩手が熱い。(だが、冷麺は寒い、ブルルぅぅ)

■追加1
  • NYT:Norimitsu Onishi 記事一覧
  • posted by ヒロさん at 04:55 | Comment(8) | TrackBack(3) | Norimitsu Onishi
    この記事へのコメント
    TITLE: 盛岡冷麺
    昭和29年に、朝鮮半島の北部咸興(ハムフン)で生まれた青木輝人氏が「食道園」を開業、 盛岡で初めて冷麺が提供されました。『ぴょんぴょん舎』が始まりは間違い。
    Posted by ノーマター at 2005年11月30日 00:58
    TITLE: 盛岡最初の冷麺は「食道園」
    どうやら「食道園」が最初のようですね。お寒い情報を流してしまいました(ブルルぅぅ)。本文に追加訂正を入れておきます。
    Posted by Hiro-san[ブログ主] at 2005年11月30日 07:01
    TITLE: 大西、ふざけていますね!
    こんにちは。あの「日本に来るな!」妄言で悪名高い鄭香均なる在日も岩手県出身者ですか。私はつい先頃話題になった生活保護費の削減では、外国人(特に、割合の多い在日朝鮮人)の生活保護費のカットが有効ではないかと思うのです。ただ、地方任せはいけません。暴力的な在日が逆ギレして、行政の末端に死人が何十人も出ます。国がきちんと法改正して、日本国籍がない外国人には月6万円の生活保護費は出ないと決定するべきです。文句ばかり言うくせに日本人の税金にたかり、骨の髄までしゃぶる連中(以下、偽装結婚で日本に不法労働目的で入国した挙げ句、生活に困ると生活保護を平然と申請する外国人は皆同じ〜東北の農村には婚姻実態のない外国人女性が実に多いです)には今すぐに出ていってもらいましょう。このへんの不良外国人を人権活動家を気取って支援する弁護士団体も同罪です。
    Posted by wnm at 2005年12月06日 13:54
    TITLE: 靖国神社:鎮魂の社か、悪魔の神殿か?
    http://newglobal-america.tea-nifty.com/shahalexander/2005/12/post_22a3.html
    『以上より、この神社の思想のどこが問題なのだろうか。靖国の根本的な理念は幕末の尊王攘夷思想であろう。だからこそ天皇と武士道精神のつながりを強調していると思われる。だが天皇は公家の棟梁であるから武士道精神など不要である。』

    「棟梁」という言葉は武家の概念ですが...歴史的に天皇と武士道は関係ないというのは正しい。後醍醐天皇は真言立川流(本尊:荼枳尼天)を武器に武家を調伏しようとした。
    武士とは何か? ―その男たち、凶暴につき―(細川重男)
    http://jparchives.sakura.ne.jp/column/db/bushi.html
    「権威」としての中世天皇―「綸旨をください」―(細川重男)
    http://jparchives.sakura.ne.jp/column/db/rinji_please.html
    Posted by えの at 2006年06月21日 10:09
    TITLE: 「坂東は武士の原郷である。」
    坂東千年王国論
    第三章 将門叛乱前後
    http://www.ne.jp/asahi/hon/bando-1000/band/ban-301.htm
    第四章 源氏神話の創出
    http://www.ne.jp/asahi/hon/bando-1000/band/ban-401.htm
    武家の(主な)守護神:
    八幡大菩薩、妙見大菩薩、鹿島大明神、香取大明神、諏訪大明神、神田明神、東照権現
    Posted by えの at 2006年06月21日 18:22
    TITLE: 武士道
    「大江戸残酷物語」氏家幹人
    http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/book/238-oedo_zannkoku.htm
    『暴力つまり人を殺す能力が、武士の能力であり仕事だった。武士という人種自体が、より強い暴力を身につけることを、人生の最高目標にしているのであり、強大な暴力の持ち主はそれだけで尊敬された。とすれば、社会の規律が暴力によって律されていたのは当然で、武士の失敗は死をもって償うのが当たり前だった。そして、農民や街の庶民たちも、犯罪を犯せば容赦なく死罪に処せられた。』
    「武家礼法:暴力なき武士道」山根菱高
    http://bach.ss.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/sahou/bukereiho.html
    Posted by えの at 2006年06月23日 14:01
    TITLE: 虐殺と帰属意識
    http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/genocide.htm
    『近年、考古学的発掘でもヒトによるヒトへの暴力で殺されたと考えられる人骨が数多く発掘されてきました。ヒトは人殺しをする動物で、他集団から自らとその帰属集団を守るために団結し助け合うという動物だったのです。この性質はチンパンジーと分かれる前から備わっており、今も時々顔を出します。』
    「武士道とエロス」氏家幹人
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406149239X/
    『男どうしの恋の道、衆道は“武士道の華”。美少年の争奪、衆道敵討、義兄弟の契り。』
    Posted by えの at 2006年06月23日 17:31
    TITLE: 盛岡冷麺について
    盛岡冷麺のルーツについては
    「盛岡冷麺物語」という本が決定版的に詳しく
    正確なようです。
    ご一読あれ。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4903165019/
    Posted by のほほん at 2008年02月22日 14:27
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。

    この記事へのトラックバック

    Norimitsu Onishi : The Korean pretends to be Japanese?
    Excerpt: 産経新聞自民党「支配」中朝と同一視 米紙NYタイムズ報道 外務省、不公正と“抗議”  【ワシントン=古森義久】米紙ニューヨーク・タイムズの日本の政治や選挙に関する報道は不公正だとして、外務省が二十一日..
    Weblog: 世の中を生暖かく見守るブログ
    Tracked: 2005-12-01 20:50

    ■NYT・オオニシ記者とは
    Excerpt: <div class="divtxt">ちょっと、遅くなってしまいましたが・・・ やっぱり、これは、記録しておかなければと、エントリーに入れます。 朝..
    Weblog: 【音静庵】
    Tracked: 2005-12-02 11:12

    太宰府市議会に男女共同参画条例が提案
    Excerpt: 今日、福岡県太宰府市第4回定例会(12月議会)が開会されました。 開会には間にあいませんでしたが、太宰府市役所に行き、担当所管の人権同和対策課と市議会を訪ねました。 太...
    Weblog: 福岡県人権救済条例に反対するBLOG
    Tracked: 2005-12-04 09:13
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。