2005年11月09日

「金」「金」「金」のピースボートのボランティア制度を考える

ピースボートのボラスタ(ボランティアスタッフ)をしている方から興味深いコメントをいただいたので、紹介したい。

 私はこれからピースボートに乗ろうとしています。ボランティアスタッフをしてる者です。
 日本人はボランティアの意味を勘違いしています。もともとは「志願する」という意味でアメリカからベトナム戦争に出兵する人たちを指しました。今、日本では「無償でいい事をする」という意味にすりかわっています。日本のお役人の都合のいいように訳されたみたい。
 私はNPOについての講義も受けた人間です。NPOの定義をわかってない人間が発言してるあたり言語道断です!ここでおしえてさしあげるのもこっちはお金払って講義受けてるのにむかつきますがあえて言っときます。
 NPOやNGOは金儲けしてはだめとは言ってない!ただ有給(給料が出る)スタッフは月々給料がでるけど赤字になったらそのスタッフの自腹。黒字でも給料あがったりボーナスでたりなんてない。

拙ブログで何度も指摘している通り、ピースボートの「ボランティア」なるものは、乗船費用の割引を目的とする「アルバイト」である。しかし「アルバイト」では自尊心が満たされないので、「国際交流のためにいいことをやっている」と自分に言い聞かせて舞い上がるのである。

「志願する」ことがボランティアであるならば、今職場で読んでいる多くの人が「志願して会社に入った」ボランティアであり、大陸・半島から来る窃盗団も、朝鮮総連で「学習組」に入る工作員も、地下鉄サリン事件の勇気ある実行犯も、みんなボランティアである。

ボランティアには「生業や職業としての行為」や「反社会的な行為」をする人たちは、ふつう含まれない。「趣味」や「同好会」も多くの場合、含まれない。「社会性・公共性」のある分野で、「自発的」に行う行為を指すのではなかろうか。ピースボートの「ボラスタ」をする人たちは、この「自発性」ばかりを強調したがるわけだが、ピースボートに「社会性・公共性」があるかどうかは、じっくり考えてみなければなるまい。

ピースボートが北朝鮮の工作団体であれ、日本赤軍のシンパ団体であれ、そもそも発祥からして(ソフトな)極左団体なわけなのだから、この準「政治団体」の趣旨に賛同して、志願してボランティアをするのであれば、誰も引き止める人はいない。どんどんやってもらいたい。

どうせやるなら「無償」でやることをお奨めする。純粋に趣旨に賛同しているならば、ピースボートセンターのトイレ掃除、パソコン修理、コピー取りなど、みんながやりたがらない仕事はいくらでもある。どんどんやればよい。この無償の行為が認められれば、意外に早く給与つきの「専従」の道が開けるかもしれない。

ピースボートに150万〜200万を払って乗船することが、この団体を応援することだと感じる人は、世界1周クルーズは年3回就航しているので、何度でも乗ればいい。船の上でも、どんどん無償のボランティアをやればよい。船酔いに弱いし、船旅には興味のないという人は、同じ「金額」の金をどんどん「寄付」すればよい。

純粋な「無償」の行為を知らない人は哀れだ。特に仕事がロクにできない人たちにとっては、「無償」の対価として、結果的に「いい仕事のやり方」を覚えるわけである。純粋無垢で、無知蒙昧の大学生だった辻元清美も、「韓国民主化支援緊急世界大会」の無償のボランティアをしながら、世の中の仕組みを徐々に学んでいくわけである。(そして偉大な代議士にまで上りつめたのだ)

ピースボートの「ボラスタ」は最初から「金」が絡むから醜いのだ。コメントされたボラスタさんも、「ここでおしえてさしあげるのもこっちはお金払って講義受けてるのにむかつきますがあえて言っときます」と、口を開けば「金」である。明日から乗船割引制度を廃止したとしよう。ボラスタの8割は消滅すること、まちがいなし。

まあ、ともあれ、乗船前のボラスタさんは「盛りのついた猫」みたいなもので、とにかく乗って、乗って、乗りまくりたいのだから、素直に乗ればよろしい。

■参考記事:
  • ボランティアがたまらなくおいしい、ピースボートの秘密(2005/3/4)

  • posted by ヒロさん at 05:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | ピースボート
    この記事へのコメント
    TITLE: 風邪のためボランティア(爆)はお休み中
    >「ここでおしえてさしあげるのもこっちはお金払って講義受けてるのにむかつきますが
    >あえて言っときます」
    「お金を払って聴いた話ですが"ボランティア"精神で開陳しましょう」と言えたら首尾一貫していて格好良かったのにね。
    Posted by haruhico at 2005年11月09日 12:19
    TITLE: 反省してます
    ここの掲示板のサヨクたたきは「ヒロさんが※会か?」と思うほどうんざりですが、
    過去にボラスタ・ポス貼りしたものとして、なにか「ずれた」ボランティアだなぁとは
    感じていました。ポスターを貼ってもらうのも「ボランティアです」なんて
    いって貼ってもらったけど、単にお人よしの人につけこんだだけじゃん?
    と思った瞬間が何回もあり、今になってふかーく反省しています。
    「ボラスタ」という言葉がまやかしなのかと思います。ピースボートの内に
    むけて使う言葉ならいいのですが、ポス貼り現場ではよろしくないと
    感じます。
    Posted by 匿名っ子 at 2005年11月09日 15:52
    TITLE: haruhicoさん、匿名っ子さん
    haruhicoさん>
    社会のためのボランティア・ブログ「社怪人日記」をいつもありがとうございます。早く風邪がよくなりますように。

    匿名っ子さん>
    >ここの掲示板のサヨクたたきは「ヒロさんが※会か?」と思うほどうんざりです
    私があの、辻元さんを中傷したコブラとかマングースとか言われている「○○会」みたいですか。う〜ん、それはいけない。辻元さん関連の連投は当面控えたいと思います。「ほのぼの」系も少しは書くように心がけますので。次回のピースボート関連では、イヤミではなくて、「どうしてピースボートは面白いのか」という話を1回書きますので、また補足コメントをお願いします。
    Posted by Hiro-san at 2005年11月09日 20:16
    TITLE: ピースボートに潜入取材班を(不肖宮嶋氏希望w)
    >匿名っ子氏
    本来の左翼は保守と方向性こそ違え、「日本という国家をよりよくしていこう」という目的は一致しているはずです。

    しかし、辻本を代表とする「サヨク」たちは、日本の歴史や伝統文化を破壊したり、外国へと売り渡そうとする「売国奴」の名にふさわしい連中であり、本来の「左翼・リベラル」とはかけ離れています。
    気骨ある左翼主義者は尊敬しますが、利権に溺れたり、口では平和を唱えながら行動では暴力を是とする極左ゲリラは許せません。
    Posted by 加納 綾一郎 at 2005年11月09日 22:44
    TITLE: ヒロさん ごめんなさい
    ヒロさん傷つけてしまってごめんなさい。僕の認識不足のほうが浅はかでした。ヒロさんの視点からの辻元さんたたきは、それはそれで「あり」だと思うからこそ、毎日ここを楽しみにしています。本当によけいな一言をごめんなさい。これからもヒロさんの一般人のブログレベルよりもはるかに上級のプロの着「差」眼点を楽しみにしています。

    加納様 匿名っ子は客観的にひだりよりの若者です。まだまだひよっこです。
    普通に感じたことを素直に普通にしかコメントができません。
    「日本という国家をよりよくしていこう」という言葉は嬉しく感じました。
    Posted by 匿名っ子 at 2005年11月10日 00:06
    TITLE: ボランティア
    Oxford English dictionaryを引いてみると

    Volunteer(名詞の場合)

    1 A person who freely offers to take part in an enterprise or undertake a task
     : A person who freely enrols for military service rather than being conscripted , especially a member of a force formed by voluntary enrolement and distinct from the regular army
     : A Plant that has not been deliberately planted

    2 A person who works for an organization without being paid
    A person to whome a voluntary conveyance or deposition is made

    動詞になると(verb)

    1 Freely offer to do something
    [With Obj.] offer(help) freely
    [Reporting verb] say or suggest something without being asked
    [with Obj.] commit(someone) to a particular undertaking , typically without consulting them

    2[no Obj.] Work for an organization without being paid
    -Origin- Late 16th cent. ( as a noun, with military referenc): from French voluntaire "Voluntary", the chamge in the ending was due to association with--

    とあります。

    コメントさんはベトナム戦争時のアメリカが発祥と主張していますが、これはどう考えてもオックスフォード辞典のほうに利があるとおもいます。

    ためしに1920年生まれのイギリス人の老人に聞いてみたところ、ボランティアという言葉は古くからある言葉で新語では決してないとのことでした

    このボランティアのオリジナルはベトナム戦争の「志願兵」をさす、という主張あたりが、反戦左翼の流れを汲んだ意識が見えていて面白いですね。このボランティアという言葉がアメリカのベトナム戦争当時がオリジナルという説はどこから広まったのかしら?

    彼(または彼女)はどのようなNPOの講習会に出たのか想像しちゃいます。

    辞書が示すとおりに、給料なしになんらかの組織のために仕事をすることをボランティアというという定義も英語圏では普通に存在します。

    この「給与なしになんらかの組織のために働く」という意味のボランティアをさす言葉は日常的に使います。あともうひとつよく使うのはFreely offer to do somethingの意味のボランティアです。

    ですがこのピースボートの『ボランティアスタッフ』登録という行為に対してFreely offer to do somethingという意味だと言い張るのはちょっと文脈上違うのではないか?と思います。

    Work for an organization without being paid という定義からしたら、私はhiro-sanのピースボートの「ボランティアスタッフ」はアルバイトという主張は納得ができるものだと私は思います。
    Posted by seven_sea at 2005年11月10日 00:32
    TITLE: 割引をもらっているだけ
    確かボラスタはお金をもらってなかったと思う。 専従と違い船賃を払ってから割引をしてもらっていた。クーポンを貰う為に働いていたのだ! この場合アルバイトと呼ばないだろう。 なんて呼べばいいのでしょうか?
    Posted by Frank8 at 2008年09月10日 14:41
    TITLE: 若者を騙す制度
    ポスター張りを以前したことがある者です。
    匿名っ子さんと同じで、なにか張らせていただいているお店の人を騙したみたいで
    今思うと非常に後味の悪い経験です。
    私は募金活動に一度参加してからボランティアスタッフの活動をやめました。
    当時地方に住んでいて、Pセンに足を運んだ際時間があって参加したのですが
    時給千円で募金活動をするなんて気持ち悪すぎでした・・・。

    クーポンをもらうために働いているなんていったところで、
    結局財布はピースボート/JGにあるのです。
    恵まれない人のためと募金で集めた金を自分の船代にするのとなんら変わりません。

    あの制度のボランティアスタッフという名称は直ちに変更するべきだと思います。
    Posted by xsl at 2008年11月08日 06:44
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250626195

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。