2005年08月29日

「解放同盟」と「朝鮮総連」:不法占拠のお手並み拝見

日本で最も過激な暴力集団といえば、60〜70年代は左翼過激派であり、80年代以降は山口組などの暴力団が目立っていた。これに匹敵する犯罪集団であるにもかかわらず、ほとんど報道されてこなかったのが「朝鮮総連」と「部落解放同盟」だ。

朝鮮総連の犯罪については、対日工作船、朝銀横領、拉致事件などで徐々に明らかにされてきたが、解放同盟の方は、その利権は主に西日本にあるため、東京本社志向のマスコミには素通り状態となっている。私が新聞社(東京)にいたときも、恥ずかしい限りだが、「同和」や「解同」という言葉を知らなかった。

後に畜産関連のビジネスに関わるようになってから、「あそこは『ヨツ』だから」という会話を拾い聞きして、言葉尻で覚えた程度である。(ちなみに『ヨツ』=『四足動物』=『屠殺場関係者』→「同和」である)

1969年に施行された「同和対策事業特別措置法(=同特法)」で約30年の間に15兆円の公金が投じられている。中でも大阪府は約20%にあたる3兆円が使われており、これに群がった利権屋と暴力団の暗躍は凄まじいものがある。京都や兵庫も「巣窟」状態になっている。

で、東京の方はというと、「同和」「解放同盟」はほとんど耳にしないので、おとなしいものかな、と思っていたのだが、さにあらず。以下、一ノ宮美成+グループK21 『同和利権の真相2』(宝島社文庫)と、続編の『同和利権の真相3』より引用する。

まずは都営住宅の独占入居事件。

『同和利権の真相2』 p185〜191 以下同じ
 85年、墨田区の東墨田に、環境改善事業として都営住宅69戸が建設された。解放同盟は、この69戸のうち、立ち退き用13戸を除く56戸すべてに同盟員を入居させるよう、同年2月に集団で都庁に押しかけ、脅迫的に交渉した。<中略>
 その結果、入居から住居年限を外したり、募集当日に東墨田に居住していれば入居できる要綱を作成。申し込み用紙も特別に作り、他地域の開放同盟関係者が入居できるように、前例のない「東墨田向け」の募集が行われた。この年の都営住宅全般の入居倍率を見ると、最高1626倍だった。一般市民を尻目に、解放同盟だけは特権入居することができたのである。

次に驚くべき、公共施設の不法占拠の実態!

荒川区は72年、荒川8丁目に、「環境改善仮会議室」を建設した。ところが、解放同盟荒川支部が、この施設を支部事務所として不法占拠。解放同盟の街宣車を置き、解放同盟支部専従者を常駐させた。このことは荒川区も容認していた。同施設が取り壊されると、89年、区民のために約4億3300万円を投じて建設された「さつき会館」の1室を解放同盟支部事務所として提供。同会館の「相談室」には、公然と「部落解放同盟荒川支部」の看板が掲げられ、不法占拠状態が続いている。

墨田区でも、社会福祉会館1階にある「同和相談室」が74年から解放同盟墨田支部事務所として不法占拠され、会館には解放同盟墨田支部の看板が掲げられた。加えて、年間120万円の団体助成をしたうえ、「生活相談事業」と称して年間940万円(92年)も支出してきていた。

台東区では、今戸児童館の3階にある「台東区同和対策協議会連絡事務所」が、開放同盟台東支部事務所として占拠されてきた。現在も、事務所で仕事をしているのは台東区の非常勤職員だが、実態は解放同盟の専従である。

葛飾区でも、奥戸7丁目にある「仮奥戸集会所」を、解放同盟に屈服した区が支部事務所として提供。事務所の電気・ガス・水道・電話料金からカーテンのクリーニング代、郵便受けの購入費、ガラスの修理代まですべてを区が負担(現在も)。70年代には、6年間で、解放同盟が約1奥3000万円にものぼる同和予算を独占したこともあった。

品川区でも、区大井第1出張所分室2階の「同和相談室」を解放同盟支部事務所として使用していた。同分室は2001年に建て替えられたが、今は3階を「相談室」として、事実上、「解同」支部が事務所にしている。部屋には「解同」の故・松本治一郎の写真が大きく飾られ、一般区民はおろか区会議員の入室も、同和担当職員によって拒否された。

大田区では、解放同盟品川支部員の家主が、借家人7世帯の立ち退きを要求。6世帯は立ち退いたがが、残るYさんが立ち退かなかったため、8年前にYさんが「エッタ」と発言した(発言の有無の事実は不明)と言い、「大田区が同和行政をしないから差別事件が起こった。差別行政の結果だ」と大田区に持ち込んで、立ち退き問題を「部落差別問題」にすり替えたのだ。

数少ない事例として、解放同盟の不法占拠に法的措置を取った自治体もある。

 足立区でも、解放同盟足立支部が、区内の公園に「同和対策協議会連絡事務所」を作って不法占拠するという出来事があった。その無法ぶりには区議会も反発し、区は明渡しを要求、訴訟になっている。18年間にわたる不法占拠の末、90年7月、最高裁は解放同盟の上告を棄却し、解放同盟に利用権がないことが確定した。<中略>
 結局、足立支部は立ち退かざるをえなくなったが、91年、区は解放同盟足立支部に「立ち退き料」として1400万円を支払っている。のちのこの金は、東京都の特別区財政調整交付金から出たものだったことが明らかになるが、まさに“泥棒に追い銭”を地で行く話であった。

裁判に負けても、あらゆる方法で金を毟り取る連中である。

役所相手はチョロイものだ、となめられているのではないか。「人権」を盾にして、ユスリ、タカリ、オドシで「特権待遇」「助成金」「減税」に預かり、「不法占拠」や「滞納」を続けても法的制裁を受けることがない。こんなオイシイ話が何十年も続いているのだから、朝鮮総連や暴力団からも「お手本」にされているに違いない。

「朝鮮総連」の悪態も、このような「解放同盟」を見習ってのことなのか。それとも「朝鮮総連」の方が「解放同盟」の親玉なのか。

『同和利権の真相3』 p165〜166 以下同じ
 あまり知られていないことだが、部落解放同盟は1985年以来、金日成、金正日の2代にわたる北朝鮮と緊密な関係を維持している。82年に上杉佐一郎氏が中央本部委員長に就任後、解放同盟は反差別国際運動を掲げ国際活動を重視し始めるが、北朝鮮との交流もその一環だった。<中略>
 85年5月下旬、上杉氏ら本部役員7人が始めて北朝鮮を訪問している。訪朝団は約1週間かけて金日成生誕地や、チュチェ思想塔、板門店、博物館や美術館などをめぐり、観劇、映画『金正日書記』鑑賞など、もっぱら観光旅行をしていたが、金日成と会談したり、チュチェ思想学習会にも参加したりしている。

解放同盟はヤクザと変わらないような団体ではあるといえ、そのタテマエの看板は「人権」なのである。人権を蹂躙する国へ赴いて、洗脳映画を見たり、チュチェ思想学習会に参加するというのは、どういうことなのか?

 解放同盟は2002年6月にも、組坂繁之委員長を団長とする訪朝団を送っている。<中略>
 組坂氏らが北朝鮮を訪れた約3ヵ月前、よど号乗っ取り犯の元妻が、有本恵子さんを北朝鮮に拉致したことを法廷で証言している。それ以降、日本国内の拉致問題に対する関心は急速に高まっていた。また、訪朝直前の5月には中国瀋陽の日本総領事館に北朝鮮亡命者家族が駆け込んだ事件が大問題になっている。これらを契機に、マスコミによって北朝鮮国内の実態がくり返し報道されるようになったのは、記憶に新しいところだ。もはや、85年当時のような北朝鮮を礼賛する声など、めったに聞かれなくなった。
 だが、解放同盟は違った。朝鮮対文協での組坂氏の挨拶は、「キム・イルソン主席生誕90年、キム・ジョンイル将軍が60歳を迎えるという記念すべき年に、朝鮮民主主義人民共和国の訪問を実現できたことを心より感謝申し上げます」と、相変わらずの金父子への賛辞より始められている(『解放新聞』02年7月15日)。

解放同盟から北朝鮮に大量の金が流れていたのでは、と勘ぐりたくなる。

明日の日本のためにも、こやつらは絶対に倒さなければならない!!


■追加1:やはり「朝鮮総連」の方が暴力業界のお手本なのか
左翼系在日朝鮮人騒乱史

■追加2:「北朝鮮」「総連」関連の記事はこちらから。
  • ヒロさんの「韓国&北朝鮮」記事一覧
  • ヒロさんの「オウム&統一教会&カルト」記事一覧
  • posted by ヒロさん at 07:24 | Comment(13) | TrackBack(5) | 韓国&北朝鮮
    この記事へのコメント
    TITLE: 圧力団体
    うちの親戚でもそういうのに関わってヤクザが乗り込んでひどい目に遭ったことがあり
    彼らの本性を知ったためにそれからは一族の教訓として関わらないように用心しているらしいっス。
    子供の頃、親戚のお年寄りは彼らの話題をする時は指を4本にして口元にあて、険しい顔をして会話。
    子供心にいけない人たちの話題をしていると察したが、彼らの恐ろしさを物語っています。あ〜怖っ!
    人権は大事だけどそれを利用し食い物にする連中は許せないヽ(#`Д´)ノ
    奴らが北とツルんでいることがはっきりすれば、すごく叩きやすくなるんだが…。

    そうそう都営住宅ね〜。 よく駅前など、一等地なのにバラック状態になっている一画や
    周囲とあまりにも不釣合いなボロボロの古い公団のせいで駅前開発が全く進まないと言うたぐいは、
    法外な立退き料を要求して出て行かないから取り壊せない… だいたいこういう人たちの占拠なんですね。
    Posted by ザキ at 2005年08月29日 10:13
    TITLE: 許してはならないものたち
    話題の『嫌韓流』が30万部を突破したそうですが、マスコミの「半島絶対擁護」っぷりから
    今回の記事のような実態にまで一般日本人の注目が集まらないと
    意味がない!と思っています。
    Posted by oha at 2005年08月29日 11:20
    TITLE: やばいの大好き(・∀・)
    毎度お疲れ様のお世話様であります。
    いい話です(^Д^)
    この調子で郵政民営化(闇流れ止め)という大掃除、
    ついでにヨッシャ派大掃除の理由がはっきりするともっといいな。
    二階堂一家もすっかり利敵行為に加担しているし、
    更なる根っ子問題追求を期待します。
    Posted by 長野 at 2005年08月29日 15:02
    TITLE: 「人権」なんか怖くねー
    四つ、の意味は、「四足」→「人間ではないケモノ」だからと
    親からこっそり教わったことがあります。

    私は実被害(これ幸いにも)を被ったことはありませんが、
    とても恐ろしい人たち、という意識は「大人」になってから植えつきました。
    そろそろこういう差別利権は撤廃していかなくてはなりません。
    もう、時代は変わりました。
    怖いから、といって行政が及び腰ではいけません。
    ちなみに私の嫌いな言葉は、
    「人権」です。
    Posted by 無頼の徒 at 2005年08月29日 19:05
    TITLE: 同和や部落解放など・・
    同和と部落民とか4つ、エタとか蔑視された人々が戦前は多かったとか、又小説で書かれたりでしか知り得無い話しでしたが、しかし30年前から取り組み15兆円もつぎ込みしてたら、人間の生きてる活動サイクルからも時効でしょう。大体殺人しても無期懲役でも恩赦で15年で出てきます。既得権益化して無駄な税金を使ってるのです。日本は中国のように二重戸籍制度ではなく国内は自由に移動、移住できます。大都会の東京に30年住んでましたが、その間6回転居しました。近所付き合いというけれど子供4人も居る家族構成で学校の役員もしましたが、名前と住所と職業ですら子供の学級親の名簿があっても知らないし表面だけでしたよ。会社関係も名簿があるし最初は社宅で出身大学も全部書いてるし、そこの役員もしたけれど、家庭にいる主婦に全部役員を押しつけらるシステムですからね。だけど近所の人の顔や名前も全部覚えれないものですし、気にもしなかった。未だにそういう固定特定地域に永住出来る人間が居るのか?と驚いています。海外出張もあれば家族ぐるみ米国にも行かされましたが外国人ばかりで差別があったのか鈍感なので平気でしたよ。国内でも大坂、名古屋、東京と都内でも引っ越しが2年に1回でしたから・・田舎の昔の百姓か世襲の商売やの老舗以外、一定地域で特定永住して人種差別が30年も家族構成に変化しないで既得権益を受けれる国民が居るのかと呆れます。何でも犯罪でも」時効が有ります。居住の自由も有るのだからそういう馬鹿な固定観念を振りかざしてたかり根性で生きるのを許す事は矢張り異常です、あらゆる事柄が地球を廻る速度も社会変化も激し時代に
    見直しないで老朽法律や固定観念で相手の言い分を通すのは止めさせるべきです、何時どのような差別があったとか法律でセクハラや不当解雇などのように証明できない過去の戦前の私たちの生きて来た時代から遠い差別を保障させてる法律やそれを楯に言い立てるのは中国や韓国と全く同じです。日本人は国内居住は自由に選択出来ますし都会は他人に無関心でし人の先祖も聞いたりしませんよ。戦後戸籍も改正されてそういう記述も消えてるし庶子(しょし)と言う項目も消えてるし実子、嫡男子と同格になっているし権利も同じになっています。もし未だにそういう事務所や運動する人が'存在するなら矢張り既得権益の世襲化で未来永劫に働かないで差別を口実に税金を食い潰す人達を温存することになります。もう高齢化が迫りそういう税金の無駄使いが許されないのです。特定郵便局員の世襲制度の居座りも解消するための選挙時代になっています。
    期限無き既得権益世襲化を目指す部落民問題やそういう類の運動も解消する時代です、’
    甘えないで差別が嫌なら転居して戸籍を動かせば養子とか消えてる色々不都合な個人情報も消えるし都会の人口の巨大な渦中で消え去れてるものです。
    Posted by ようちゃん at 2005年08月30日 02:27
    TITLE: 23年引き延ばされた時限立法「同特法」
     15兆円というのは過去30年間の累計ですから、現在価値に換算すると数倍の金額でしょう。
     1969年に制定された同特法は、当初10年間の時限立法で1979年に終了する予定でしたが、なんとその23年間も引き延ばされて、2002年にようやく終了したものです。
     ところが手をかえ、品をかえ、この特別法の体制が今なお、全国の自治体で継続しています。被害の少ない東京ですら数多くの「不法占拠」があるのですから、西日本の実態は凄まじいものがあります。当ブログでも、同和行政問題は継続的に取り上げる予定です。
    Posted by Hiro-san at 2005年08月30日 04:42
    TITLE: 皆さんへ
     あっしは、大阪府内の某有名私立大学在学中に、
    在日や部落民とともに、反差別の運動をやってきました。
    ただ、卒業すると同時に全ての運動から絶縁してしまいましたけど。
     「愛国心」などといわれても良く分からんし。
    日本に生まれたから日本人、というくらいにしか思ってないです。
    別に日本人は他の民族よりも優れている、とも思わないです。
    それでもあっしは日本人なのです。
     あっしは、心情的に弱い立場にいる人間を差別したり、
    特定の民族をあしざまに言うことは好まない。少なくとも、
    運動に参加してない一般人に対して攻撃することはしない。
     しかし、なんというか、運動家という代物には抜きがたい
    憎悪を抱いていることは確かです。
     あっしは在日や部落民がしんどい、苦しい立場に置かれている
    ことを知ったから、反差別の運動を始めました。組織の連中は
    「同志」として本当に良くしてくれた。まぁ自分の差別意識が
    表に出たときに、運動家の先輩たちからは
    「お前は俺らの抱えてきた苦しみ・痛みをどない思っとるんや」
    と激しく問い詰められ、男なのに泣いてしまったこともあった。
     ところがどうだ。
    運動のケツにくっついて大声出しているうちに、自分が独善的な、
    トラの威を借る狡猾な狐になっていたことに徐々に気がつき始めた。
    そんな心性など社会では通用しないことは分かっている。
    だからあっさりと運動から離れた。

     「社会的弱者」であることを楯に、既得権を声高に叫ぶ時代は
    もう終わった。
     運動が起こった当時は彼らは「弱者」だったかもしれない。
    でも、今現在、彼らは「弱者」ではなく、一つの「権力」に
    なってしまった。だから「人権擁護法」には強く反対している。
     反差別の運動のやり方も、そろそろ見なおす時期に来ている 
    のではないか。
    (自分の思いを前面に出してしまい、乱筆になってしまいました。
    失礼致しました)
    Posted by 流れ者D at 2005年08月30日 07:34
    TITLE: ついでに
     '80年代、部落解放同盟大阪府連(リクルート事件で捕まった上田卓三元
    衆議院議員が代表やってたとこ)のスタンスは「親ソ連」でした。
     大阪の大学解放研(部落解放研究会)合同の学習会合宿に、府連某支部の
    青年部長(パンチパーマでもろヤ○ザ顔!)が抗議中に、
    「ソ連脅威論が言われてるそうやけど、あれは親米右派のデマやから」と
    のたまったのをハッキリ覚えています。
     そして、部落解放人権研究所の理事を務めていた大賀正行氏のご子息は、
    当時モスクワ大学に留学していました。一回だけ会ったけど。
    Posted by 流れ者D at 2005年08月30日 08:30
    TITLE: 度々スンマセン、訂正でござんす
    誤:(府連某支部の青年部が)抗議中に

    正:講義中に

    …謹んで訂正いたしやすm(__)m。
    '87年頃のお話(歳が分かるね・苦笑)。
    Posted by 流れ者D at 2005年08月30日 08:38
    TITLE: 部落解放の後釜が人権擁護法案なのね!
    Hiro-sanの書かれてるように時限立法で廃案消滅していたのね。2002年に終了したので後釜狙いが意味不明の人権擁護法案の成立を看板にして発展拡大を在日朝鮮などと共闘してる構図ですか・・。天下の悪法の韓国の事後法律の親日派名簿公開に負けないトンでも無い事です。
    歴史の起きてしまった事象は現代の人間では生活環境や法律などが変形してるので穿り返して訴追するなどは国際的にも否定されています。しかし執念で自分自身で過去の差別・不当な地位が大切な金儲けの根拠になると革新的に学習したのですから、戦後の労働争議や学生運動の歴史は怖いですね。今も生き残り反戦・基地闘争。市民環境運動。かくれ蓑募金運動。怪しい物モライの乞食主義団体だけと思っていました。自己の不幸や悲しみを餌にして他人から助力を得るのが当たり前ノ権利主張だと考えるのは身勝手ですね。自己の不幸や悲しみを乗り越えてこそ賞賛も成功もより大きい喜びや満足を得るモノですが・・。思考方法がマイナス・エネルギーで恨み節で鼓舞して自己正当化っする集団が増加すると社会は崩壊します。如何なる自由も繁栄も己の血の購いと交換ですよ。無料で公益を掠め取る生活を主張する考えが蔓延って今の堕落したッ社会があるのです。皆が甘くて優しすぎて家庭でも自己責任や努力や根気や誠実な振る舞いなど社会道徳を訓練して身につけさせて無いペット子供ばかりを育ててるからでしょう。ペットでもマトモナ躾が出来ていない飼い主が多くてペトにまで躾教室が出来てるとか・・。毎日呆れて目が点になります。人権とか弱者尊重とか声高に叫び公共の税金泥棒で世襲の既得権益確保ばかりだと
    人間社会は進歩も発展もしません。小さいパイの取り合いで社会崩壊を招きます。
    Posted by ようちゃん at 2005年08月31日 01:22
    TITLE: 部落問題、教育現場も酷いです・・・
    初投稿です。中・韓・朝の横暴ぶりにも辟易しますが部落問題も事の大きさに比べマスコミの黙殺度合いが大きくこの問題の根深さを感じております。当方大阪府下のある都市に居住しておりますが役所、外郭団体とも部落出身者が幅を利かせております・・・
    公立学校では人権教育の名の下、道徳の時間に副読本(同和・朝鮮の話がほとんど)を使ったり同和地区への課外授業を行い、また朝鮮民族文化交流(一方的に朝→日)が年々規模を拡大し行われるようになってきております。情けない話ですが。
    Posted by しんちゃん at 2005年09月05日 16:57
    TITLE: 差別はいけないが
     勿論差別はいけませんが、それと解同とは別の問題です。私も以前の職場で強制的に解放新聞を購入させられましたが、職場では文句たらたらでした。
     その会社は「県内に街宣車はしらすぞ」と似非右翼のような脅迫を受けていたのです。当時の解放新聞は金及び北朝鮮を礼賛していました。そういえば他人の人権を認めない体質は同じですね^^;
    Posted by ぱとりおっと at 2005年11月25日 13:13
    TITLE: 差別と優遇を間違ってないか?
    ぱとりおっとさんの文面に
    >その会社は「県内に街宣車はしらすぞ」と似非右翼のような脅迫を受けていたのです。
    一応説明しておきますが、右翼には3種存在します。
    右翼には3種類あるのだ
    @政治的右翼
    彼らは、あの真っ黒のバンには乗らないで地味にポスティングしている。街宣活動をする団体は少ない。日本人の愛国者が中心でありそんな恥ずかしい事したらバカだと思われるからしないのだ。団体同士の交流も結構あり何故かわからないが集まって鍋をする習性がある。
    A日本人暴力団系右翼
    総会屋や脅迫を稼ぎとしつつエセ右翼活動をする。奴らも街宣活動をするが「人から恐れられる事」を美学に感じるというマイクタイソンみたいな奴らなのでとてもドスの利いた大声で街宣する。
    B在日街宣右翼これが問題の奴らだ。現在の主流を占める在日街宣右翼である。もちろん軍国主義思想などある訳ない。奴らはただの韓国・北朝鮮のスパイ工作員であり真の目的とは愛国者や天皇信仰者や軍のイメージを悪くする事である。まとめて言うと「愛国心」のイメージを落とすためである。在日暴力団の関連団体がやっている場合が多く、当然本来の政治的右翼の敵だ。
    これを見てもわかる通り愛国者の敵は在日街宣右翼なのだ!この在日街宣右翼が街宣の主流な訳だから「北方領土」には文句言っても「竹島を返せ!」「拉致被害者を返せ!」とは街宣しない訳だ。戦後占領軍GHQのマッカーサーは日本の生粋の右翼のイメージを落とす為在日どもを寄せ集め物騒で暴力団のような街宣右翼団体を結成させ国民に「右翼は悪というイメージを植え付けろ!」と命令しそれを奴らが実行し現在に至っては韓国北朝鮮中国など3バカのスパイ工作や破壊活動を平然としている。日本人にとっては根っからの敵なのだ。もはや害虫と言っていいレベルである。国を憂う者よ祖国を愛する者よ奴ら街宣右翼は我々の敵だったのだ。これが事実だ。
    Posted by ヲィヲィ・・・ at 2005年12月29日 20:30
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250626271

    この記事へのトラックバック

    わがまま団体(そうか公明・同和・総連・民潭)擁護法案
    Excerpt: 「人権擁護法案」という、『治安維持法』となんら変わらない法案がうごめいている。   本来こんな法案が提起された根本理由が、マスゴミにおける過剰取材と,自分たちが特別な階級にいるという、勘違いした選民思..
    Weblog: 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
    Tracked: 2005-08-30 09:07

    まだまだ終わらない、売国奴ジャスコ岡田迷言集
    Excerpt: ジャスコ岡田の発言集の裏を取るべく、ネット上を捜索したのですが、以下のサイトが発言の前後の状況も併せて書いている点で一番信頼性が高いかもしれません。 民主党岡田代表の名言集 ここには更に笑えるとい..
    Weblog: 言語学研究室日誌
    Tracked: 2005-09-09 09:20

    差別利権は何故生まれるか−「人権テロ」組織解放同盟の深い闇シリーズ-承前
    Excerpt: 朝鮮人の場合総連や民団、同和の場合「部落解放同盟」が当局に(文字通り)殴りこみ、暴力による脅しや糾弾大会(という名の私刑)という硬と、利権によるキックバックという軟が両輪となる。 ...
    Weblog: 涼風庵(人権擁護法案をGO FOR BROKE!!)
    Tracked: 2005-11-09 20:59

    八鹿高校事件−戦後最大の「人権テロ」を追え!(第一回)
    Excerpt: この時点で、何故破防法を適用しなかったのか? それが不思議でならない。 一方、肝心の保守の側も弱みを抱えていた。 それは日本全体が左傾化し、後の村山政権を誕生させたような革新系の自治体があちこちに誕生..
    Weblog: 涼風庵(人権擁護法案をGO FOR BROKE!!)
    Tracked: 2005-11-23 21:12

    今日の気になったニュース
    Excerpt: 産経関西-高槻市が在日団体を提訴へ 中学校の一室不法占拠 大阪府高槻市は5日、市立第一中学校の一室を1年以上、不法占拠しているとして、同市の在日韓国・朝鮮人団体「高槻むくげの会」に対し明け渡しを求めて..
    Weblog: へこあゆニュース
    Tracked: 2006-09-07 09:17