2005年04月25日

日本が大嫌いなあなたに贈る「コリア・クルーズ」

ピースボートファンの方々に朗報です。今回も欠番になるかと思われた第50回「コリア・クルーズ」の催行が決定されました。題して「コリア・ジャパン未来クルーズ」です。

期待されていた「竹島上陸ツアー」と「対馬は韓国領」の抗議デモは、今回はどうやら見送りのようです。日程と寄港地は以下の通りになりました。

  • 8月13日......東京
  • 8月15日......釜山(韓国)
  • 8月17日......仁川(韓国)
  • 8月19日......丹東(中国)
  • 8月22日......上海(中国)
  • 8月25日......那覇
  • 8月27日......長崎

    日本が大嫌いな方、あるいは8月15日(終戦記念日)のマンネリ行事に嫌気がさしている方は、同じ日に韓国で盛り上がる「光復節」で疲れた心身を休めてください。

    独立記念日「光復節」の真実(2000.10.7)
     韓国が独立(建国)した日は、昭和23(1948)年8月13日で、この日、首都・ソウルで、韓国樹立の宣布式が挙行されているのです。日付は「8月13日」です。つまり、「独立記念日」(建国記念日)は、8月15日では無く、正しくは8月13日と言う事になります。<中略>
     沖縄同様、アメリカの軍政下にあった南朝鮮が「独立」を達成したのは、終戦から3年後の昭和23年8月13日でした。つまり、韓国にとって本当の意味での「祖国の解放」(独立)--「光復節」は、8月13日だった訳です。しかし、この事実を韓国初代大統領・李承晩(イ・スンマン)等韓国指導部は歪曲してしまいました。本当はアメリカから独立したのにも関わらず、「我々は日本の敗戦によって、(日本の)植民地支配から解放された」と喧伝し、国民の愛国心を煽った訳です。

    8月15日は過去の歴史(歪曲)を見直すいい機会です。このお祭りを応援する意味で、小泉首相の「靖国参拝」がひょっとしたら実現するかもしれません。その場合は、韓国の人と一緒に拳を振り上げたり、船のデッキから海に飛び込む抗議デモにも是非参加してください。海中に飛び込むときの要領は、こちらの記事を参考にしてください。→中央日報:60代が漢江に飛び降りる、独島条例への抗議のもよう(2005/3/17)

    今回のコリア・クルーズでは、韓国に着く前に、時計の時差調整が必要になるかもしれません。せっかく韓国は日本から独立できたのに、日本と同じ「時間」を共有しているなんて、不自然だと思いませんか? 8月までに「時間独立宣言」が行われる予定ですので、ニュースには注意してくださいね。

    中央日報:「日本に合わせた30分」標準時間を取り戻す(2001/8/20)
     1965年に締結された韓日協定で、韓半島の標準時間が30分早められて日本の時間と同じになった事実を知った徐元正(ソ・ウォンジョン、37)代表は、韓国標準科学研究所の諮問を得て「時間独立運動」に乗り出した。<中略>
     彼らは最近、ポケットマネーで「時間独立」と書かれたポスターと広報ビラを1000余枚ずつ制作した。彼らは大学街を中心でビラを配布し、講演会も開く予定だ。別の市民団体と協力して「1000万人署名運動」を繰り広げる計画も立てている。

    釜山までの船旅は結構長いですから、セミナーや勉強会がたくさん開かれると思います。東大の高橋哲哉教授も来られる予定ですし、日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞した西野瑠美子さんのセミナーも楽しみです。民主党の阿部知子議員の秘書(池田幸代さん)も、たぶん応援に駆けつけるでしょう。

    釜山ではシーフード・レストランはやめた方がいいかもしれません。注文しても別のものが来るかもしれませんので。西日本新聞:韓国「サシミ、ワサビ抜き」 釜山の教授らが日本語排斥運動 「定着しててもダメ」(2005/4/19)

    レストランはやめて、コンビニで安く済ませようか、という方は、こんなニュースをご存知ですか? Feel Like a Kimchi:中学生数百人による『コンビニ襲撃事件』(2005/4/21) ドサクサに紛れて、私も、なんて考えないでくださいね。

    仁川(インチョン)からは、慰安婦おばあさんの「ナヌムの家」に行くはずですから、クイズよろしく「本物は誰だ!」と質問してあげてくださいね。というか、本物は1人もいないようなので、残念ですが。→朝鮮日報:「水曜集会の元慰安婦女性は偽者」 軍事評論家の随筆が波紋(2005/4/14)

    病気にはくれぐれも注意してください。韓国にしかない危険な病気があるんですよ。あ〜、あれか、と思っている方、(ピースボートの野平晋作さんの口調をまねて言うと)「違いますね」

    コリアンライフ、その実状は?!(2005/3/22)
    韓国にはモムサルという病気があります。

    症状は風邪に似ているのですが、
    不思議と韓国でしか、掛らないような感じがします。

    疲れが溜まるとなりやすいのですが、
    熱が出て、体中が痛くなり、
    とにかく動けません。

    風邪と合わさると
    カムギモムサルといいます。

    まあ、これは掛かってみてのお楽しみです。それから、もう1つの病気を予防するための準備は万端でしょうか。たぶんピースボートの船上の売店でも売っているはずですが、必ずお買い求めになってください。韓国ではセッカチな方が多いので、安全第一です。→中央日報:「鍵かけパンティ」を発売へ(2002/8/23)

    帰路のお楽しみは、スタッフや乗船客による隠し芸大会でしょう。最近人気が沸騰しているピースボートNo2の野平さんが、きっと歌声を聞かせてくれるはずです。面と向かって「音痴」と言わないことが、差別問題に敏感なピースボート流のやさしさです。

    最後に、これは極秘情報ですが、今回のコリア・クルーズの発表は「金日成の誕生日(4月15日)」に合わせた、ピースボートによる繊細な気くばりなのです。さすが、北朝鮮の「喜び船」、ピースボートですね。ただ、1つ気にかかるのは「あの国のあの法則」が発動しないか、ということ。4月15日は、豪華客船タイタニック号の沈没記念日でもありますので....→朝鮮日報:金日成主席の誕生日とタイタニック号沈没の関係とは…(2005/4/15)

    帰って来れないかもしれませんが、まあ、ケンチャナヨ(大丈夫)精神で頑張りましょう。いってらっしゃ〜い。

    ■追加1:あっ、帰って来る自信のある方は、どうかヒロさんにおみやげを買ってきて! 韓国で今一番売れているビデオです。

    ■追加2:テレ朝のアホおやじがまた行くかもしれないよ〜。後藤先生〜!
    ヒロさん日記:北朝鮮クルーズ3(2005/2/14)

    ■追加3:このクルーズ、中国に「厳命」されて中止になる可能性濃厚です。なぜって、寄港地を見ればわかる通り、正しくは「コリア・チャイナ・ジャパン」クルーズですよ。宗主国さまをないがしろにして、存在が許されると思いますか?(しーらない、っと)
  • posted by ヒロさん at 07:56 | Comment(9) | TrackBack(0) | ピースボート
    この記事へのコメント
    TITLE: 危険な病気
    「韓国にしかない危険な病気」……あれじゃないのか(笑)。まああれは朝鮮人の遺伝子を持っていないと発病しないようですからね。「本物は誰だ!」は年がばれますよ(笑)。幸福説につきましては、一度上がった対極旗が日章旗に戻されたこととなどは知っていましたが、日付がずらされているとは知りませんでした。勉強になります。
    Posted by ステイツグロウ at 2005年04月25日 13:11
    TITLE: 標準時間
     時差についても中央日報の記事を見てきました。また半端な時間を決めようと……「アンタバカぁ?」の国は次から次へといろいろなこと考え出しますねぇ。その発想力を商品開発の方に生かせばいいのに。それにしても、いっそのこと北京時間に合わせてしまえばいいんじゃないのかな?
    Posted by ステイツグロウ at 2005年04月25日 13:18
    TITLE: 時差15分の国はど〜こだ?
    時差は1時間単位が基本ですが、その中央日報の記事によると「一部の東南アジア国家らは時差が15分しかない場合もある」といってます。はて、そんなへそ曲がりの国はあるのでしょうか.....と調べると、ネパールのようです。
    http://www.w-time.com/henji2002.html
    日本との時差は3時間15分です。ほ〜う。勉強になります。

    韓国は「時差を30分にしろ!」とか言わずに、「時差は厳密に19分にしろ!」とかやると、国際的にもっと注目を集める思いますが。
    Posted by Hiro-san at 2005年04月25日 16:04
    TITLE: 時差15分
    あ!なんか俺のまじれそうな話題が!(笑)

    ネパールはインドと同じはイヤ!っていう理由から15分ずらしたってよく言われますよね。
    30分差ですが、パキスタンとバングラデシュも同じような理由だったと思います。
    南アジア諸国の成立過程もいろいろ複雑ですし。こうなるのも仕方ないかなあと。
    でも、それを考えると、日韓に時差がないって改めて驚くことだったりするのかも。
    Posted by モリタマサヒロ at 2005年04月26日 03:58
    TITLE: 面白かった
    いつも興味を持って拝見させてもらっています
    今日の内容はとても面白かったです。
    ピースボートに参加する末端の人が見てくれるといいですね(笑)
    さて、時差の話なんですが、
    ソウルオリンピックのとき、日本人に見てもらうため日本に
    合わせたと記憶していたのですが、違ったでしょうか?
    Posted by wao at 2005年04月26日 10:37
    TITLE: 1965年から日韓の時差なし
    >ソウルオリンピックのとき、日本人に見てもらうため日本に
    >合わせたと記憶していたのですが、違ったでしょうか?

    たぶん違うでしょう。検索してもヒットしないし。そもそも中央日報の記事が「1965年に締結された韓日協定で、韓半島の標準時間が30分早められて日本の時間と同じになった事実」と書いてあるわけですから。
    Posted by Hiro-san at 2005年04月27日 00:54
    TITLE: 日本人の中にも…
     最近は、「コリアン・ザ・サード」などのBlogに
    代表されるように、在日コリアン(というか朝鮮系日本人?)
    の若い連中の意識も、日本社会を積極的に肯定するなど、
    大分変わってきているようですが。

     肝心の日本人の中には、ずいぶんと反日でファビョッた方が
    居られますな。
    #映画「パッチギ!」を製作した井筒和幸氏の談話が、
    あの朝鮮総聯機関紙「朝鮮新報」日本語HPに出てました。
    http://210.145.168.243/sinboj/%82%8A-2005/06/0506j0518-00001.htm
    …「英国人はアイルランド問題について関心が高く、いつも熱く語り合っている。
    ところが、日本人は政府も含めて、朝鮮問題について長い間全然意識もせずにいた。
    当然、朝鮮を植民地にして、分断の根本原因を作ったことにも目を背けてきた。
    なのに拉致問題をきっかけに『ある日、平和な日本から人が北に連れ去られた』
    という物語を作り上げ、日々それを塗り替え、あげくに国交交渉どころか、
    経済制裁論にまでエスカレートさせてしまった」

     頼むから、肉親を拉致された人たちの前で、この台詞を言ってくれよ。
    Posted by 流れ者D at 2005年05月23日 18:45
    TITLE: ソウル五輪時の時差
    >ソウルオリンピックのとき、日本人に見てもらうため日本に
    >合わせたと記憶していたのですが、違ったでしょうか?

     いやいや、韓国人は全員反日ですので、親切にも日本人に配慮することは、過去も現在も未来もあり得ません。ペ・ヨンジュンなども、あくまでビジネスとしてニコニコしているだけですから・・・残念!日本人に親切な韓国人は必ず裏がありますので、ご注意を・・・。
     それはさておき、韓国は、基本的に日本標準時なのですが、ソウル五輪の年だけは日本標準時を更に1時間時計を進める「夏時間」を実施しました。同年限定の措置です。よって、今は日本標準時です。(韓国人は「『日本標準時』じゃない!『日本標準時と同じ』と言え!!」というでしょうが、そんなことはおかまいなしよ。)
     理由は、ソウル五輪の華である陸上競技主要種目の開催時刻が正午ごろに集中しており、夏時間を実施する米国東部標準時との時差14時間をキープすることで、ニューヨーク、ワシントンの午後10時のゴールデンタイムにメインイベントをTV中継できるから。つまり、3大ネットワークに放送権料を高く売れるから、というものです。
     それにしても、韓国人って面白いですね。日本海呼称問題といい、竹島問題といい・・・。まあ、時差については日本人には関係ないので、韓国人の好きにしてくださいな。ますます韓国人が大好きになりました・・・。これからも、民族的自尊心を大いに満足させてください。
    Posted by 時差ぼけ大将 at 2005年09月09日 16:20
    TITLE: 1988年、ソウルは世界の最先端に
    >韓国は、基本的に日本標準時なのですが、ソウル五輪の年だけは
    >日本標準時を更に1時間時計を進める「夏時間」を実施しました。

    は〜、そうなんですか。ブログをやると賢くなります。ソウル五輪中は、日本を抜いて世界の「時間の」最先端に踊り出たというわけですね。またやればいいのにね!
    Posted by Hiro-san at 2005年09月09日 18:38
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/250626653

    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。