2012年05月12日

瞑想でジョギング、呼吸法で肩振り

1日を「静」で始めるべきか、「動」で始めるべきか、それが問題だ。
朝の空気が気持ちがよいうちに、外に出てジョギングで眠気をさますか。
あるいは静かに座り、瞑想オーディオを聴きながら呼吸を整えるか。
さらに両方をとって、動きながら瞑想をすることはできないか。

音楽を聴きながらジョギングをしていると、走りながら瞑想をしているような気分になることがある。それを誘発するのはある特定の音楽だ。

パーカッションやエレキギターがリズムを刻むロック系の曲は、さあいくぞ、前に進めー、という励まし上手のコーチが伴走しているかのようだ。バッハのピアノ、チェンバロ、協奏曲を使うと、折り目正しく、美しく、空を見上げながら前に体を引かれるような感じだろうか。どちらも好みの曲だけを選んでいるので「快」であることに変わりはない。

だが、私のいう「瞑想を誘発する曲」は、80年代ロックやバロックではなく、空を飛ぶようなイメージのある曲や、静かなタブラーに弦楽器がかぶさる中東・インド系の曲などだ。走りながら本当に瞑想をしたくなって目を閉じてしまう(危)。ずっと閉じているわけにはいかないので、無難なところで4歩ぐらい、かなり安全な場所では8歩ぐらいにしている。

お気に入りの曲をいくつか上げると、
「Eagle」はワシの飛翔をイメージしているせいか、壮大な浮揚感がある。「Marco Polo」は神秘的な東洋の旅であろうか。「Sound of Civilization」はラヴェルのボレロのようなリズムの上でレバノンの弦楽が重なる。「Yachts」は少々テクノ系でヨットが走る風景。「Everytime」は、Everytime I close my eyes という歌詞なので、目をつぶりたくなる。

私が昨年8月より開始した「音楽ビートジョギング」は奥が深い。地面を蹴る足がドラムとなり、メトロノームとなって、異国の調べに酔いしれながら、ときに浮揚感を感じながら、前へ前へと進んでいく。

■■■■■■十■■■■■■  

走らない日は瞑想にしようということで、エイブラハムの瞑想CDを聴く。吐く息が長くなるように誘導する優れもののCDで、人生全般、健康、お金、人間関係の4部構成で、それぞれ15分だ。

いままで瞑想は座ってするものとばかり思っていたが、単純で緩やかな運動をしながらでも、ゆったりと呼吸を維持した瞑想はできる。

エイブラハム瞑想の音楽テンポは♪=95程度。これはゆっくり歩くスピードだ。

1回の呼吸は吸う息が3、吐く息が5の割合なので、これをウォーキングに当てはめると、6歩を吸って、10歩を吐くリズムになる。前後の肩振り運動(スワイショウ)は基本的にウォーキングと同じリズムなので、やってみるとこれは非常によい!

15分のオーディオを聴きながら、肩振りを712回、呼吸を89セットを行うことになる。

さて、次は家事、翻訳、ピアノをやりながら、リラックスをして瞑想に入る方法を研究しましょうか・・・

posted by ヒロさん at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四肢は百獣の王
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269682868

この記事へのトラックバック