2013年10月17日

「ブレイキング・バッド」のヒロポンでワルになる!

病院・犯罪に関わる英語ドラマはあまり見ないようにしてきた私だが、「ブレイキング・バッド(Breaking Bad)」はおもしろいではないか!

このドラマにたどりつく遠因となったのは、探偵モノの「ヴェロニカ・マーズ(Veronica Mars)」のあるセリフだった。

<Veronica Mars 1-9>
You're jacked up like some hillbilly kid who just stumbled into Daddy's meth lab.(田舎の子が父さんの meth lab を見つけちゃったみたいに、舞い上がってるじゃない)

はて、meth lab とは何ぞや、と調べたところ、覚醒剤メタンフェタミンをつくるラボ(製造場所)のこと。「メタン+フェタミン」ではなく「メタ+アンフェタミン」で、そう、昔懐かしの「ヒロポン」のことではないか!

ヒロポンといえば、私は20代後半に東京・渋谷の会社で働いていたことがある。事務に新潟から出てきたという女の子がいたが、上京する前に「行ってはいけない!」とお母さんにさんざん引き留められた。お母さんのセリフが奮っていて、「東京ではヒロポンの注射を打たれたりするから危ない、行っちゃダメ!」というのだ。(新潟でも相当田舎のお母さんかしらね)そういえば、私もヒロポンというニックネームがつけられたことがあったが、その危なさに気づいてくれる人が少なかった...

というわけで、「ブレイキング・バッド」はドラッグものなのだ。だが、マフィア抗争や麻薬カルテルの話でない。素人の50才の高校化学教師が、ヒロポンを自ら製造してこの業界に参入しようという(ある意味で悲惨な)プロセスが描かれているのでおもしろいのだ。

浮かない生活を送っていた高校教師が末期ガンの診断を受けて変貌する。かつては先端研究者であったので、化学の知識や実験センスは抜群。サーマイトの原料をかき集めて倉庫ドアのカギを溶かしたり、麻薬売人の本拠地に乗り込んで小型爆弾を炸裂させたり、正当防衛で殺した売人を薬剤で「処理」したり、砂漠でクルマのバッテリーが上がっても、電池をみごとに自作したりと、化学好きにはとくにおもしろい。

舞台はニューメキシコ州のアルバカーキ。50代の変身ドラマ、奇想天外なサスペンス劇場として楽しめるのだ!(現在シーズン1と2の観賞を終了)

■このドラマの楽しい教訓
・主人公の製造ラボ(meth lab)は、キャンピング用のたのしいRV車。
・ヒロポンはもともとは「疲労をポン」と取ってくれる大日本製薬のお薬です。
・50才を過ぎたら、ルール無用の本音で生きるべし!
・でも「お金=幸せ」だと思ったら大まちがい。
・覚醒剤ドラマは、人生に「覚醒せよ(Wake up!)」という強烈なメッセージなのだ。

■関連記事
「神々の糧」:トリプタミン幻覚剤と意識のビッグバーン
二重らせん構造、知的生命体の大蛇、そしてクンダリーニ

posted by ヒロさん at 09:36 | Comment(9) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ・アニメ
この記事へのコメント
いきなり「ヒロポン」とは、びっくり仰天。
それにしても、こんな言葉を良く知っていましたね。

大昔の話ですが、当方が初めて月給取の生活を始めた頃、
まだ巷には「ヒロポンを打ちながら」徹夜で仕事をこなした人たちが居たものです。

ヒロさんのニックネームが、そうだったとは意外でしたが、
でも、よくよく考えれば「あり」ですね。
きっと同性にも友達が多かったのでしょう。
Posted by ダダさん at 2013年10月18日 19:11
ヒロポンは日本軍のパイロットが夜間飛行でよく使っていたそうですね!
ダダさん、一緒にコンビを組んで京都・奈良で売りまくりましょう!...でも、歴史研究と英語教育の分野ではあまり売れないかもしれないなぁ。新規分野の開拓、どうしましょ、どうしましょ。(今日は朝から「ヒロポン、ヒロポン、スーパーパワー!」と10回唱えてますので、少しハイになってます)
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2013年10月19日 10:03
ヒロさんとタッグが組めるのなら、どんな協力でも惜しみませんよ!!

歴史も言葉も、つまるところは「文化」の粋ということになるでしょうか。

今年はお伊勢さんと出雲大社が遷宮を行いましたが、
我国の神社というものを英語文化圏の人々に、もっと知って欲しいものです。

ヒロポンのスーパーパワーを発揮して新規分野を創出して下さい。
Posted by ダダさん at 2013年10月19日 18:36
麻薬、そして神社といえば、かなり前に書いたものを思い出しました。

■「神々の糧」:トリプタミン幻覚剤と意識のビッグバーン
http://hiro-san.seesaa.net/article/250596488.html

麻薬・幻覚剤は、宗教的な悟りの根源でもありました。さまざまな神話はシャーマンのトリップ体験が大きく貢献しているのでしょう。アワヤスカを飲むと、ほぼ例外なく「大蛇」の幻覚を見ると言われています。普通の人にとっては恐怖ですが、シャーマンは大地の神、大地のエネルギーと受け止めたのでしょうか。

ちなみにヒロポン(メタンフェタミン)は、皮膚の内側に虫が這い回る幻覚があるそうです。大量の虫を見る幻覚があるらしいのですが、シャーマンならばこれをどうとらえるのか、ですね。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2013年10月20日 09:51
蛇は日本だけでなく外国の神話にも登場する動物ですが、
我国では、弥生以前の「古い」神の象徴として捉えられる事が多いようです。
大和三輪山の伝説が代表例ですが、出雲大社にも「海の彼方からより来る蛇」の話が伝わり、
神話の解釈では海洋民が持ち込んだ伝承ではないかと言われています。

魏志が伝えた卑弥呼は「鬼道」を以て民衆を良く「惑わせた」そうですから、
神がかりした託宣が、民意と合致していたのだと考えられます。
日本の神話で呪術的な所作は語られますが「麻薬」に関する事柄は余り聞いたことがないですね。
Posted by ダダさん at 2013年10月20日 16:52
これは秘儀・オカルトの分野ですから、世界中のメジャーな神話で直接的に「幻覚剤」が語られることはないかもです。日本では修験道や陰陽道でかなりの「薬草」の知識があったのではないでしょうか。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2013年10月21日 09:18
修験道という事であれば、
一番あやしいのは役行者だと思います。
何しろ、飛行術も心得て鬼を自在に使いこなしたそうですから、半端ではありません。
また、毛並は異なりますが、唐への留学資金を自分で捻出した(金鉱を見つけ出した?)
伝説を持つ空海も限りなく怪しい存在ですね。
Posted by ダダさん at 2013年10月21日 17:16
ヒロポンってある時代までは、簡単にてにはいったみたいですね。
長谷川町子(サザエさんの作者)で子供が間違ってヒロポンを飲んで、
ギンギンになるって話を読んだことがあります。

ところで私はERは大好きなんですが、ヒロさんは医療物はきらいなんですか。
Posted by SHIRO at 2013年11月17日 04:09
>長谷川町子(サザエさんの作者)で子供が間違ってヒロポンを飲んで、
>ギンギンになるって話(SHIROさん)
えっ、そうなんですか!どれどれ、と調べてみると、「週刊朝日」に連載された「似たもの一家」(1949年)のことですね。1949年ですから、そういう時代でございますね。

今ちょこちょこと見ている英語ドラマ「Glee」の1-6 Vitamin-D というエピソードでも、保健室の先生がメタアンフェタミンの疑似薬をビタミンDと偽って生徒に与え、全員がギンギンにハイになってしまう話があります。ヒロポンはかなりはやっているのでしょうね。

私がドラマへの感情移入が激しく、映画やドラマの内容が生活に現象化しやすい体質なので、警察と病院のお世話になりたくないという思いから「CSI」や「ER」は遠ざけてきました。でも、翻訳で医療・バイオテクノロジーの仕事も入りそうなので、「ER」はシーズン1だけをいつか覗いてみましょうか。わが家はシュタイナー教育ですが、女優ジュリアナ・マルグリースがシュタイナー教育出身であるというご縁もありますから。
■ご参考:http://hiro-san.seesaa.net/article/317947872.html

Breaking Bad は単にストーリーとして楽しんでおりますが、ほかのTVドラマは「精読(一字一句、すべての意味を拾う)」の英語修行で見ておりますので、かなり手いっぱい。Gilmore Girls、Friends、Everybody Loves Raymond、Everwood、Ugly Betty、Smallville、Moonlightingなどが私にとってメジャーな教科書。シーズン1でおさらばしたのは、Veronica Mars、Good Wife、Gossip Girl、Prison Break、O.C.、One Tree Hill、Downton Abbey、Robin Hoodなど。Gleeもその予定。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2013年11月17日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377748999

この記事へのトラックバック