2014年09月18日

ニューヨークタイムズ(NYT)田淵広子記者の経歴と生い立ちについて

朝日新聞と連携しながら、オオニシ・ノリミツ(東京支局長 2003-2009)に匹敵する日本叩きの記事を連発してきた田淵広子(東京支局記者 2009-現在)の経歴について、多くの人が興味を抱いているようなので、主に英語ソースから現在までに判明した情報を以下にまとめてみたい。

1979-80頃・・・神戸市長田区出身
1991-1997・・・神戸の国際スクール「カナディアン・アカデミー」
1997-2000・・・London School of Economics and Political Science
2000-2002・・・University of Sussex(国際開発協力関連の専攻)
2002-2003・・・日本貿易振興機構(ジェトロ)
2003-2005・・・フリーランス翻訳家
2005   ・・・英「The Times」の東京支局でリサーチアシスタント
2005-2008・・・AP通信記者
2008-2009・・・ウォールストリートジャーナル記者
2009.2〜 ・・・ニューヨークタイムズ記者
★追加:2014年9月中旬に東京からニューヨークに異動した模様。

カナディアン・アカデミー(Canadian Academy)は12年制のインターナショナルスクールで、1990年に神戸・六甲アイランドに移転しており、田淵は移転後のこの学校で中等部・高等部を終了したものと思われる。「カナダ」と名前がついているが、これは1913年にカナダ人宣教師が設立したことにちなむもので、現在カナダとの関連はとくにない。(偶然だが、オオニシ・ノリミツは「カナダ国籍」を取得している)

東京在住の米「Time Magazine」のジャーナリスト Lucy Birmingham が主催するサイトで、田淵がインタビューに答えており、この内容を紹介したい。年齢は33才として紹介されているので、2013年頃のポスティングと思われる。
http://lucybirmingham.com/?p=1972

I studied Mandarin in college and spent several summers in China, so I considered trying to work as a journalist there. But finding a spouse is much harder than finding a job, so I'll stay in Japan unless he’s willing to go with me. (私はカレッジで中国語を学び、中国で何度か夏を過ごしています。ですから、中国でジャーナリストとして働くことを考えました。でも、仕事以上に配偶者を見つけることがずっと大変なので、彼(=今つき合っている日本人の男性)が同意してくれない限りは、日本にいるつもりです。)

彼女が中国語を学んだ「カレッジ」は、London School of Economics and Political Science だろう。中国を訪れたのが「several summers」なので、ロンドンのカレッジ時代に(さらには英サセックス大学時代を含め)、夏休みに中国に何度も渡航していたかのような含みだ。中国への入れ込みは激しいようだ。橋下大阪市長の父親に関するNYT記事を引用したブログでは、田淵は明らかに中国寄りの偏向がある「half-Chinese」だ、とコメントした人もいる。

For example, Hiroko Tabuchi who is a graduate of the Canadian International Academy in Kobe is half-Chinese; perhaps we need to closer examine her writing for any pro-Chinese 'slant' (which some allege there is). [2012/6/11 post] http://www.mutantfrog.com/2012/06/08/nyt-making-fun-of-osaka-mayors-dad/


もう1度、Lucy Birmingham のインタビューに戻りたい。

Her family spent Christmases at a sanatorium for ex-leprosy patients in Okayama where her parents had volunteered as students. (Lucy Birmingham の解説:彼女の家族はクリスマスには岡山にあるハンセン病療養患者のサナトリウムで過ごし、そこで両親は学生のボランティアをしていた。)

幼いころの田淵は、岡山のサナトリウムでクリスマスをよく過ごしたという。岡山県瀬戸内市には「邑久光明園(おくこうみょうえん)」と「長島愛生園(ながしまあいせいえん)」2つの国立療養所があり、サナトリウムはこのいずれかであろう。前者には光明園家族教会、後者には曙教会というキリスト教会がある。田淵ファミリーはキリスト教の信徒であり、ボランティアをしていた両親が学生として在籍していた学校・大学は、医療・福祉関係の可能性もある。

キリスト教では聖書の記述により、ハンセン病(らい病)は罪人のメタファーになっている。在日朝鮮人の罹患者は、民族差別とハンセン病差別の二重の苦しみを受けたとされており、これに深く同情するキリスト教徒も多いはずだ。

She was impressed with the way her father's students at a local university volunteered to set up soup kitchens for the victims.(Lucy Birmingham の解説:地元大学の父親の学生たちが(阪神大震災後に)被災者のひとたちに無償の炊き出しをしていたことに感銘を受けた)

田淵が15才のときに経験した阪神淡路大震災では、「地元大学の父親の学生たち」のボランティアの姿に感銘したという。父親は神戸近辺の大学で教鞭を取る人のようだ。

追加(2016/5/16):田淵広子の父親は、関西学院大学の学院長である田淵結(たぶちむすび)でほぼ確定。田淵広子がニューヨークに赴任した年末(2014/12/30)にFacebook (Musubi Tabuchi) のプロフィール写真は右のように変更されており、NYT本社前の写真。田淵結の約100人の友達欄の中に、Hiroko Tabuchi も含まれる。田淵結の経歴はコメント欄に掲示する。

さて、田淵にオオニシ・ノリミツと同じような在日疑惑が立ち上るのも、神戸市長田区という出身に加え、次のような発言をツイッターで平然と行っているからだろう。



高校時代から元従軍慰安婦の方に直接お話を聞きに行ってます」というのは何だろうか? 日本語と英語のバイリンガルで、社会正義に燃える、国際的な仕事を夢見る少女であろうことは想像できるが、高校生時代(1995〜1997)に直接、韓国の慰安婦に出会っているとすると、ピースボートなどを含め、何かそのようなツアーに参加していた、ということか。そして両親もそれに賛同する人たちなのだろう。

■参考情報
神戸カナディアン・スクールの中高等部の生徒構成
The 575 students in grades Pre-K-12 represent nearly forty different nations with approximately 57% from East/South East Asia, 20% from North America, 12% from Europe, 6% from South Asia, 3% from Oceania, 1% from West Asia/Middle East, and 1% from Latin America. (ブログ主の注釈:東アジア・東南アジアが57%となっている。日本人も含まれているはずだが、国別構成は不明。ちなみに神戸市の2011年外国人登録者44000人のうち、韓国・北朝鮮は46%、中国は32%)

■つぶやき
カナダ国籍のノリミツ・オオニシと違い、彼女は東京に在住する日本人だ。インタビュー記事によれば、結婚や出産も希望しており、NYTからアメリカでの仕事も打診されたが、当面は彼と一緒に日本に在住したいのでこれを断ったという。まさかとは思うが、「結婚しろ」で大騒ぎになった東京都議会の塩村文夏(しおむら・あやか)と同じように、田淵のお相手も朝日新聞関係者だったとしたら、とっても面白い・・・(妄想ですけど)。

■ギルモアガールズ
わたしの大好きな英語ドラマ「ギルモアガールズ」の主人公ローリは、イエール大学の新聞部編集長。偏向のノリミツ・オオニシはプリンストン大学の新聞部編集長。結局ローリは第一志望のニューヨークタイムズに入れず、CNNへ・・・。


posted by ヒロさん at 13:05 | Comment(21) | TrackBack(1) | 報道・メディア論
この記事へのコメント
ヒロさん、情報ありがとうございます。
田淵氏(一応、敬称付けますわ)、「発狂した」かのようにムキになってますね。

最初のうちは、何が彼女をこうさせたのか興味ありましたけど
今となってはどうでも良くなってきました。
バカなキチガイ女よりも日本の国益です。

パククネが国連で騒ぎを起こそうと画策してるようです
世界に向けて真実を発信して行きましょう。

…と言いつつ、この記事を拡散させていただきますね。にこにこ
Posted by てっちゃん@小牧基地を撮りに行こう at 2014年09月19日 23:13
ハンセン病療養所に関する記述を本文に追加しました。

小さい頃に何度もここで過ごしていることで、在日差別は絶対にしてはいけない、差別する人は許せない、という思いが染みついているのかもしれません。中学生の頃(1991-1994)には朝日の捏造で世の中が大騒ぎになっていますが、ハンセン病の療養所にいる人は高齢者であり、一方の韓国の慰安婦も高齢者ですから、これが二重写しになり、さらに「キリスト教的な正義」がこれを増幅させたのかもしれません。

カナディアン・スクールにも1〜3割はいると見られるコリアンの影響も受けるでしょうし、英語新聞は Asahi Evening News や Japan Times もよく読んだことでしょう。その延長で、高校になると左巻きのツアーで韓国(ナムヌの家など)に行くようになるのでは、と想像しております。

ツイッターで「Korean-Japanese」と書かれると、「お前は racist だ!」と発狂する田淵広子さん。コリアン差別をする人間・グループ・組織・国家は、死んでも許さない、というところでしょうか。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年09月20日 01:19
人権侵害と差別の歴史を伝えるために、ハンセン療養施設の世界遺産登録を目指す人たち
http://sl.sakura.ne.jp/archives/mw/?13448
■邑久光明園自治会長 屋(おく)猛司さん(72)
 世界遺産登録の意義が「隔離政策によって人権が侵害され、差別があった歴史を残し伝えるため」である限り、国立療養所13カ所すべての協力を得て、長島にとどめず13カ所で登録を目指すべきだ。
 伝えるべきハンセン病への差別と偏見は、今も消えていない。1月1日現在で146人が暮らす光明園で、本名を名乗ることができているのは半分に満たない。子どもはおらずとも、兄弟姉妹の子どもら、親族の結婚をいまだに気遣っているからだ。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年09月21日 01:13
田淵広子、ツイッターのプロフィールも「ex-Tokyoite(元東京在住)」に書き換えており、ニューヨークに住居を移した模様(東京支局からニューヨーク支局に異動か?)
★9月21日のHiroko Tabuchiのツイッターでも、新居付近からハドソン川の様子を葉心投稿している。「A Hudson sunset. This is the view just minutes from my new home. How lucky am I? 」
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年09月22日 20:10
結婚した彼と一緒にニューヨークに移った田淵はいまのところおとなしいが、
「反日女子4人組」と呼ばれる人たちがいるらしい。
NYTの田淵広子、WSJの林由香、APの山口真理、BBCの大井真理子、のウソ報道に要注意。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年09月26日 00:33
勿論、売られた女性もいますよ。その場合でも、女性の意に反して慰安婦として働かせた側の責任はあります。それが国際世論です。安倍首相だってこの件を取り上げ彼の主張を通しても、一部のネット右翼が喜ぶ以外に日本にはメリットが無いこと、それは分っているはずです。

上記の文面が書かれています。この文面をよく精査すると、売られた女性もいますと田淵君は発言している。この場合でも働かせた側にも責任があり、それが国際世論と説明をしている。この文面を深読みすると、働かせた側に責任が有るならば、その逆の親の責任があって当然であると考えるべきである。しかし、田淵君は故意に一方だけに拘っている姿勢で一貫している。この姿勢こそが問題。特に、ニューヨークタイムスで報道機関に携わるジャーナリストの一人ならばである。このような一貫した偏光姿勢の報道を考えると、会社自体が反日であるか、または田淵君が在日朝鮮人である確率がかなり高いという結論に至る。勿論、生粋の日本人でも反日はいるが、神戸市の長田地区出身であるならば誰もが自然にそう判断するだろう。これこそが多くの日本人と在日朝鮮人への負の連鎖が永遠に続く悲劇の原因である。

こうした負の連鎖を無くすためには、田淵君に歴史的事実を勉強していただくしか手立ては無いと思う。しかし、日本を貶めることが社是なのか、田淵君の信条なのか知らないが方向転換を早期に見直すべきであろう。朝日新聞社が誤報を認めた以上、ニューヨークタイムス及び田淵君に鉄槌が下る日も近いと予言する。

蛇足ですが、朝日新聞社が誤報を認めたが、今後木村社長の辞任も起きるだろう。その場合、全面謝罪へと駒が進むだろう。そして、本丸の我が日本の功労者である『河野洋平』も誤りを認め謝罪会見に追い込まれるだろう。当然、韓国の世界的信用もさらに失墜し、パククネ大統領は辞任する。


Posted by diahills at 2014年10月24日 05:54
田淵君は『高校時代から元従軍慰安婦の方に直接お話を聞きに行ってます』と発言。

高校時代から韓国へお話を聞きに行くとはスゴイが、全く不可解。何故ならば、普通の高校生ならば大学受験で渡航する理由が思い当たらない。あえて想像すれば、在日朝鮮人ならば里帰りという合理的なと解釈へと至る。これが事実ならば、田淵君はこの問題にかかわるべきではないと助言する。

説明するまでもなく、従軍慰安婦問題は嘘を流布した吉田清治と嘘を拡散した朝日新聞に乗じた韓国。そして、その嘘を根拠に日本政府に威圧した韓国と真に受けた馬鹿の河野洋平という構造。こうした複雑な問題に、在日朝鮮人が関わると最悪の結果となり、碌なことは何一つないことになる。特に、ニューヨークタイムスという中立的な立場であるべきジャーナリストであるならばの、その基本を田淵君は心を律するべきである。穿った解釈をすれば、日本を戒める絶好のチャンスと立場であると判断していたならば、報道人として人格を誰もが疑うだろう。

仮にも、河野洋平が朝日新聞のように謝罪会見したならば、田淵君の人生は悲惨な結末を迎えるだろう。南京大虐殺のアイリス・チャンと同じ道を辿るかもしれない。そして、朝日新聞社が誤報を認めた以上、本人による河野談話の撤回もかなり信憑性が帯びてきている。そう判断すれば、田淵君は従軍慰安婦の真実を勉強して、姿勢転換するべきだろう。

蛇足であるが、いくら有能な高校生であろうとも年配の心を読む知恵は無いと断言する。親に売られた自分の過去を、赤の他人に真実を言う人は古今東西誰一人いない。そう判断すれば、田淵君が調査した知識も、全く根拠の無い空論である。
Posted by diahiiis at 2014年10月24日 06:37
diahiiisさま、ご意見ありがとうございます。これに関連しまして、私の所見を述べさせていただきます。

1)今回のブログ記事の執筆にあたり、医療関係者と見られる彼女の父親は誰なのかできる限り調べましたが、有力な候補が見つかりませんでした。「田淵」という苗字は「田渕」や「田縁」かもしれず、あるいは万が一に通名ということになると、どんなに探しても父親はそう簡単に見つからないでしょう。

2)神戸市長田区の在日韓国・朝鮮人の比率は5%(1位は大阪市生野区の15%、2位は大阪市東成区の6%)ですから、在日疑惑といってもそれほど濃厚なものではありません。在日であるかどうかとは無関係に、反日の人(マスコミ、共産党、宗教団体など)たくさんおります。タブチが在日かどうかは今後の「発掘」を待つことにしましょう。

3)タブチよりももの凄かったのが前任のノリミツ・オーニシで、彼はプリンストン大学の新聞部長のエリートであり、彼は間違いなくアメリカの情報機関の息がかかった工作員でしょう。彼は西アフリカ支局長時代の記事はしっかりとしているようですので、東京支局に異動してから「上層部の指示」と「朝日新聞との連携」で飛ばしの記事を書いているように思われます。

4)タブチの書いた記事は、上司の手直しと追加が相当に入っているでしょう。彼女はジャーナリズムの出身ではなく、国際援助問題の専攻です。「私がおとなしい正確で、友人は私がNYTの記者をしていることもほとんど知らない」というような話もしておますので、とても内向的な性格で、英語をキレイに書くことに興味がある人で、現場主義のバリバリの取材はあまりできない人であろう、というのが私の観測です。彼女の経歴についてですが、最終学歴の「University of Sussex」を表に出さず、「London School of Economics」を強調するのはなぜなのか。ここにも何か秘密があるような気がします。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年10月24日 14:36
「慰安婦」を最初に「sex slave」として表現したのは、弁護士の戸塚悦朗が1992年2月に国連人権委員会で使用したことによる。英文メディアはこれに追随したもよう。

タブチはAP通信時代にも、慰安婦と南京虐殺の記事を書いているが、これは彼女のねじ曲げというよりも、AP通信そのものが反日。AP通信と共同通信(英文)からジャパン・タイムズに大量の記事が流れていく。

1992年に慰安婦問題が騒がれているころ、私の友人のAP通信記者(アメリカ人)は南京事件(Rape of Nanking)について精力的に取材しており、慰安婦問題と南京虐殺問題はセットでキャンペーンが進行していた。
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2014年10月24日 21:34
この人の名前を知ったのは あの ベストセラーとなったマイケルJサンデルの著書 『これからの正義の話をしよう』を見たとき 
 著書でマイケルは『1930年代〜40年代に韓国・朝鮮をはじめとする アジア諸国の何万人もの女性が日本兵によって慰安所に送られ性的奴隷として虐待された』と 田淵広子の記事を引用し そして大 西 啓 光の記事も引用し
あたかも 本当のことのようにさらっと流していました
何も知らない人が見たら 簡単に信じてしまいますし 世論というのはこうやって作られていくんだな と思った

とにかく 証拠もなしに捏造記事を書くのをやめろ

 

Posted by 韓国人はホラ吹き at 2014年12月23日 23:06
ももいろクローバーZがラッツ&スターと共演し、顔を黒く塗った画像を用いてNYタイムズで
日本では黒人差別がまかり通っているという情報をこの女は拡散しています。

日本人としての心を捨て共産国の犬と成り果てたならさっさと日本から消えてほしいですね。
Posted by   at 2015年02月15日 07:40
田淵さんは、なぜ、日本人が、世界に嫌われようとばかりするのでしょう。

真実は、常にひとつではないことが、仏教感を持った人や、日本人ならわかるはずです。
Posted by cojicoji at 2015年02月15日 12:52
>cojicojiさん

田淵さんの反日は一部リベラル志向のキリスト教会の信仰が関わっていると思います。 彼女の頑なな反日の態度は信仰を貫く信徒のようです。
Posted by 笹団子 at 2015年02月17日 21:24
本当に米ニューヨークタイムズの記者なのか?
見識を疑う
同じ日本人として恥ずかしい
Posted by 日本人 at 2015年02月18日 01:19
こんな人があのNYTの記者として勤めていることに驚きました。
NYTは一流の新聞社だと思っていましたが…タブロイドか?

ラッツ&スターが黒人社会の音楽を敬愛し憧れていた事は日本人であれば誰もが知る事実です。

自社の記者が「人種差別だ」と発言してそのまま放置するようでは、NYTも程度が知れるというものです。

「田淵弘子」と言う人物どうこうより・・・NYT、ちゃんとせいや!
Posted by 驚いた at 2015年02月18日 09:21
田淵さんは韓国キリスト教会の影響でしょうね。
キリスト教会には韓国人の牧師と韓国人が多く集まりますから。
日本人は教会にほとんど集まりません。
布教しているのも韓国人が多いですよ。
牧師も韓国人がほとんどです。
Posted by 日本人 at 2015年04月23日 04:03
知らない人も居ると思うので書いておくけど、
NYTの日本支社って朝日新聞本社の中にあるんだよね。

で、朝日新聞が誤報を認めざるを得ない状況で、
NYTの記者が論点を人身売買の方向にシフトさせたりする。

つまり同じ建物の中で朝日→NYT→朝日→NYTっていう
マッチポンプが可能になってる。
双頭の蛇が互いをフォローしながら太っていくの図。

Posted by GENT at 2015年07月15日 09:24
田淵結(タブチムスビ)1950年11月5日生まれ
【学歴】
1973年 関西学院大学文学部史学科第三類 (西洋史学) 卒業
1975年 同 神学部(編入学)卒業
1977年 同 大学院神学研究科修士課程修了
1980年 同 大学院神学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学
1987年 Department of Biblical Studies, King's College, London University 単位取得退学
【職歴】
1977年 日本基督教団神戸丸山教会牧師(1981年まで)
1978年 日本基督教団神戸丸山教会附属丸山小羊幼稚園園長(兼務)
1981年 関西学院大学文学部助手(宗教主事)
1982年 同 専任講師(宗教主事)
1985年 同 助教授(宗教主事)
1991年 同 教授(宗教主事)(2009年まで)
<中略>
2016年4月〜 関西学院・院長

ソース:http://www.kwansei.ac.jp/press/2015/attached/0000075862.pdf
Posted by ヒロさん★ブログ主 at 2016年05月16日 13:12
Posted by 最新情報 at 2016年06月13日 01:33
田淵広子の結婚相手は、田淵と同じくブルックリン在住で、日米合作の映画製作に加わる田澤裕一です。
http://apm.asianfilmmarket.org/eng/database/view_ppp_history.asp?order_year=2013&idx=552&no=12
Posted by 反日撃退 at 2016年07月24日 09:42
田淵広子さんの経歴で最も気になったのは『カナディアン・アカデミー』です。
彼女が通っていた90年代の事は知りませんが、80年代にはあまり良い噂を聞きませんでした。
地元では結構有名な話で、あの学校に通う生徒(外国人)は日本人を小馬鹿にしており、そいつらが神戸の街中で悪さを繰り返していたというものでした。
内容は万引きや揶揄いです。
三宮などで万引きを繰り返し、捕まると日本語をある程度理解できていても、終始英語で話して分からない振りをする。
電車内で日本人を見ながらニヤニヤし、外国人のガキ同士が英語で話しながら日本人を嘲笑する。
まあタチの悪いガキ共って事で有名でしたね。
そんな学校に多感な年頃に長年通学していたら、おかしな反日思想が芽生えても仕方ないかも知れません。
日本人である自分の心を守る為に、無意識下で周りに同調し日本人を否定して馬鹿にする。
よくある防御心理のパターンです。
あくまでも推測ですけど。


Posted by 旧神戸市民 at 2016年12月29日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405610976

この記事へのトラックバック

【橋下徹氏VS有田芳生議員】 山口敬之氏「ジャーナリストにも、同じ行為を右と左がある時に片一方だけ批判する人がいる。NYTの田淵弘子記者は・・」 【虎ノ門ニュース】
Excerpt: 【DHC】1/31(火) 百田尚樹・山口敬之・居島一平【虎ノ門ニュース】 (←動画)で、 「橋下徹氏が有田芳生議員をツイッターで痛烈批判」というニュース深入りで、 山口敬之氏が「あるイデオロギーを..
Weblog: テレビにだまされないぞぉU
Tracked: 2017-01-31 14:25