2014年10月29日

ノリミツ・オオニシがエボラ熱感染の疑いで拘束、検疫検査に

CNNサイトにノリミツ・オオニシのバイオテロ疑惑の記事が掲載された!・・・とはいっても、ブロゴスのような個人投稿記事ではあるが、前半は威風堂々とした切り込みを見せる。後半は投げやり的な文章になっていくが、オオニシが同性愛であることや、オタワのテロ事件との関連を匂わせるなど、なかなかおもしろい。

----------------------------------------------------
Canadian journalist masterminds the bioterrorism of EBOLA in Japan
カナダ人ジャーナリストが日本でエボラ熱のバイオテロを画策

http://ireport.cnn.com/docs/DOC-1183588

By lapis666

Japanese people spent a sleepless night. A man, 45, who arrived at Haneda Airport via London had a fever. The man had stayed in Liberia, where the Ebola virus continues to spread. He was immediately taken to the National Center for Global Health and Medicine in Tokyo, for further examination in an isolation unit.
日本の人たちは眠れぬ夜を過ごした。ロンドン経由で羽田空港に到着した45才の男性に発熱が見られたのだ。この男性はエボラウィルスの拡散が続いているリベリアに滞在していた。彼はすぐに東京の国立国際医療研究センターに移送され、隔離された部屋でさらに検査を受けることになった。

According to the government official, the man is Japanese Canadian journalist. He had stayed in Monrovia, the capital city of Liberia, from August 18 for reporting the Ebola outbreak. And then he left in Liberia at October 18. He stopped over in Brussels for about 10 days.
政府関係者によると、この男性は日系カナダ人のジャーナリストだという。彼はリベリアの首都モンロビアに8月18日から滞在し、エボラ熱を取材していた。そして10月18日にリベリアを出国し、ブリュッセルに10日間滞在した。

Although he insists that he did not go to the hospital and contact the Ebola patients, what did he do there? He is the journalist. The foreign journalists' main job in Liberia is only one. To report the Ebola outbreak is their mission.
(リベリアでは)病院には行っておらず、エボラ熱の患者にも接触してないと主張しているが、彼はあそこで何をしていたのか。彼はジャーナリストだ。リベリアで外国人ジャーナリストがする仕事といえば1つしかない。エボラ熱について報道するのが彼らの使命だ。

His movement provokes a new question. Why does he come to Japan? He is a Canadian journalist, and Japanese medias do not sent their reporters to Liberia. It means that there is no reason for him to visit to Japan at this timing. But he came to Japan with the suspicion of Ebola virus. Who is a Japanese Canadian journalist, 45?
彼の行動に新たな疑問が持ち上がっている。なぜ日本に来るのか。彼はカナダ人ジャーナリストであり、日本のメディアは彼をリベリアに派遣していない。つまり、彼がこの時期に日本に訪れる理由などないはずだ。だが、彼はエボラ熱感染の疑いがありながら、日本にやってきた。45才の日系カナダ人ジャーナリストとは誰なのか。

This man is the NY Times reporter, source familiar with the situation said on Monday midnight. Probably this man who came from the Ebola zone is Norimitsu Onishi. Onishi had been reporting from Liberia since this August. Moreover his reporting from Liberia was released October 11, 2014. This is too much of a coincidence. It is a safe bet that this man is Norimitsu Onishi.
事情筋が月曜深夜に語ったところによると、この男性はニューヨークタイムズ記者であるという。エボラ熱発生のエリアからやってきたこの男性は、おそらくノリミツ・オオニシであろう。オオニシはこの8月からリベリアで取材を続けていた。オオニシのリベリア発の取材記事は2014年10月11日に掲載されている。偶然とはとても思えない。この男性がノリミツ・オオニシであることは間違いない。

According to his profile, Onishi is San Francisco bureau chief for The New York Times. What is the reason, the Canadian gay who works at West Coast came to Japan? At least, he does not come for the business. The most suspicious reason is to inflict vengeance on some Japanese.
経歴の記載では、オオニシはニューヨークタイムズ紙のサンフランシスコ支局長を務めている。アメリカ西海岸で働くカナダ人の同性愛者のオオニシが日本に来た理由は何だろうか。少なくとも仕事ではないだろう。もっとも疑われる理由は、一部の日本人に対する報復行為だ。

Onishi is known as a liar and famous anti-Japanese journalist in Japan. If you want to know why Norimitsu Onishi is a liar, check this web page.
http://ianfu.blogspot.jp/2007/11/norimitsu-onishi-liar.html
日本ではオオニシは嘘つきで有名な反日ジャーナリストとして知られている。ノリミツ・オオニシが嘘つきである理由を知りたい人は、以下ウェブサイトをチェックしてみてほしい。 http://ianfu.blogspot.jp/2007/11/norimitsu-onishi-liar.html

The Health, Labor and Welfare Ministry said this morning, a man believed to be Norimitsu Onishi tested negative for the Ebola virus. He will have been quarantining for the next few days. In the United States, the state government deals with clarifying policy on Ebola health worker quarantines. The case of Japan is cautioned the U.S. that the carrier of Ebola virus is not only health workers but also the journalists.
厚生労働省は今朝、ノリミツ・オオニシと見られるこの男性に関し、エボラウィルスの検査結果が陰性であったと発表した。彼はさらに数日間、隔離されることになる。アメリカではエボラ熱患者を扱う医療関係者の検疫では明確な方針を打ち出している。今回の日本でのケースは、エボラウィルスのキャリアが医療関係者だけではなくジャーナリストの場合もあるとして、アメリカも警戒している。

As a result of Ottawa attack by Michael Zehaf-Bibeau, people understand Canada is also one of the target countries for the Islamic State. Norimitsu Onishi has the potential to become the next Michael Zehaf-Bibeau by the bioterrorism of Ebola virus. The case of a man believed to be Onishi is fundamentally different from Thomas Eric Duncan's case. Mr. Duncan is NOT the terrorist against the U.S.
オタワでマイケル・ゼハフビボーが国会議事堂に乱入し、射殺した事件があることから、人々はカナダもイスラム国の標的になっていることを理解している。ノリミツ・オオニシはエボラウィルスのバイオテロによって、第二のマイケル・ゼハフビボーになる可能性を秘めている。オオニシと見られる男性のケースは、(リベリアからテキサス州ダラスに戻った)トーマス・エリック・ダンカンさんのケースとは根本的に異なる。ダンカン氏はアメリカを標的にしたテロリストではあり得ない。

Onishi is a fanatical anti-Japanese journalist. The man who feels hostility towards Japan comes to the country with the deadly virus. This is clearly bioterrorism. The Government must prevent the bioterrorists like Onishi from entering the country. The Official should show no mercy to the terrorist. It is enough to transport a man believed to be Onishi from Haneda to Vancouver by Air Canada flight.
オオニシは異常な反日ジャーナリストだ。日本への敵意を見せるこの男性は恐ろしいウィルスを携えて日本にやってきた。これは明らかなバイオテロ行為だ。日本政府はオオニシのようなバイオテロリストの入国を阻止しなければならない。テロリストには容赦してはいけない。オオニシと見られるこの男性はエアカナダで羽田からバンクーバーに移送するだけで十分なのだ。

----------------------------------------------------

池田信夫の周辺の人がお遊びで書いた可能性のある記事だが、それにしても、オオニシはいったい何の目的で日本にやってきたのか?

一句できた:「またウソを書くために飛ぶテロリスト」


posted by ヒロさん at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Norimitsu Onishi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407942700

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。